2019年12月10日

2019.12.9 柳家三三独演会@横浜にぎわい座

2019.12.9 柳家三三独演会 横浜三三づくし

演目
柳家三三       のめる
 〃         言訳座頭
  (仲 入 り)
柳家三三       寝床
        (三味線:森吉あき)

「のめる」。先月の月例に続き。前回より、将棋の
展開が詳しかったように思うが・・気のせいかな?

「言訳座頭」。今回のネタ出し。なんと2010年以来
だから、本当に久々。前回の感想にも書いているけ
れど、富の市の「言訳」はかなり強引で、聞いてい
て、ちょっと引くなー。

正直、あまり後味が良くないかも。

「寝床」。2017年に寄席のトリで聞いて以来。
旦那が義太夫を「みっちり・・」と言うたびに、誰
かが食器をガチャン!とやる・・そのタイミングが
絶妙。

そして、旦那の相手をする繁蔵の、心の叫びがなぜ
か聞こえてしまうのも愉快、愉快。

先日、大手町落語会で、権太楼師の「文七」の最後
に、携帯電話が鳴るという“悲劇”があったそうで、
袖で聞いていたという三三師も、ひと言・・

「携帯電話会社は、すべての劇場に抑止装置をつけ
るくらいのこと、してもいいんじゃない?」と。

大賛成!
posted by JTm at 14:00| 落語 | 更新情報をチェックする