2019年12月14日

2019.12.13 小満ん夜会@赤坂会館

2019.12.13 小満ん夜会

演目
春風亭いっ休      狸の札
神田松鯉        (講談)勧進帳
柳家小満ん       雪てん
  (仲 入 り)
柳家小満ん       首提灯
        (三味線:田中ふゆ)

いつもと会場が変わり、あやうく間違うところだった
という話が、入場前の待機時間にあちこちから・・
お客ばかりでなく・・?

というわけで、ちょっと変則なプログラム。小満ん師
匠は、“方違え”されていたそうで。

いっ休「狸の札」。噺を聞くのは二度目。明るく聞き
やすい語り口は好感が持てる。またまた楽しみな前座
さん。

松鯉「勧進帳」。2016年の国立能楽堂の企画公演で、
能の「安宅」とともに松鯉先生の「勧進帳」を聞いた。
その時に「8年ぶり」とのことだったから、あまり口
演の機会はないのではなかろうか。

内容的には能の「安宅」がベースになっているのだろ
う。(歌舞伎の「勧進帳」も同様に能から取り入れている)

いや、なにしろ言葉が難しい。歌舞伎や能を見て物語
を知っているからなんとかなるが、予備知識なしでは
歯が立たないかもしれない。

それでも、厳しい問答でぐんぐんと高まる緊迫感は、
目で見る演劇に、勝るとも劣らない・・というより、
むしろ、ヴィジュアルがないからこそ、より一層、そ
れが高まって感じられるように思う。

小満ん「雪てん」。「雑俳」のフルバージョン・・な
のだそうだ。

最後、ご隠居のところに歌の添削を願いに来た男が、
「天に抜けますか?」と繰り返し尋ねる・・と、脇で
聞いていた八五郎が、

「初雪や五尺余りの大イタチ この行く末は何になる
らん」・・「そりゃテン(貂)になる」というサゲ。

イタチがテンに?という疑問は残るが、次々に飛び出
すひねりの利いた言葉遊びが、なんと面白いことか。

小満ん「首提灯」。小満ん師のこの噺はお初。
試し斬りや胴斬りの小噺をマクラに、芝の山内で、酔っ
払い男が、勤番侍にからむ本篇へ。

このからみ方が、意外にあっさりしているなーと感じ
た。雲助師だともっとねちっこいような気がするが。
吐きかけた唾も、「殿より拝領の紋服」のご紋にはか
からなかったようだし。

首を斬られてからの、頭を支える仕草も、雲助師ほど
のオーバーアクションではなく、かなり控えめ。

どっちがいい、ということではなく、それぞれの持ち
味ということで。どっちも素敵です。
posted by JTm at 11:13| 落語 | 更新情報をチェックする