2019年12月16日

2019.12.15 すみだ地域学@すみだ生涯学習センター

2019.12.15 すみだ地域学:もっと知ろう地域の歴史・文化

内容
第一部 講座「落語は向島生まれ!?」
     講師:瀧口雅仁(恵泉女子大学講師)
  (休  憩)
第二部 落語「文七元結」 柳家燕弥
    対談  瀧口&燕弥

区の生涯学習センター主催というので、てっきり
タダかと思ったら・・有料でした。しかも、区外
住民は区民の100円増し・・世知辛い時代だねぇ。

もっとも、内容的には十分、受講料に見合うもの
だった・・というより、燕弥師の落語だけで、す
でにお釣りが来ました・・ということは強調して
おきます。

前半の講座は、落語の歴史・・安楽庵策伝、鹿野
武左衛門、烏亭焉馬、三遊亭圓朝、さらに古今亭
志ん生(五代目)まで。

歴史の流れを追いつつ、個々の演者と墨田とのか
かわりを中心に。個人的には、ちょっと墨田を強
調しすぎじゃない?と思わないでもなかったが、
ま、会の趣旨から言って、仕方ないですね。

後半は、燕弥師。墨田と関連のある噺を・・とい
うことで「文七元結」。

これが、実に良かった。
登場人物ひとりひとりが、丁寧に描かれ、噺の中
から飛び出して、自由に動き回っているような印
象・・聞く方が、やや体調不良で、微熱があった
こともあるのかもしれないけれど。

ともかく、最初から最後までハンカチを握りしめ
て聞きました・・。熱があると涙もろくなる?

ところで、墨田に縁のある噺って、「文七」以外
になにかないのかなぁ・・・   
posted by JTm at 09:49| 落語 | 更新情報をチェックする