2019年12月29日

2019.12.28 夜の九時落語@UNA gallery

2019.12.28 夜の九時落語 柳家さん助の会

演目
柳家さん助      (ご挨拶とトーク)
  〃        御慶
   (三本締め)

マンション自治会で午後8時から30分ほど、近所の
防犯パトロール。「二番煎じ」思い出しながら歩く。

いったん、帰宅してすぐまた出かける。ご近所での
小さな落語会。二度目の参加。前回は朝の九時で、
今度は夜の九時。

さん助「御慶」。黒紋付の羽織袴という、第一礼装
のさん助師匠・・ネタだしの噺に合わせて。

この噺は、最近、あまり演じ手がいないのではない
か。ナマで聞いたのは、2012年の白酒師のだけ。
子どものころ、五代目小さん師の噺がTVで放送さ
れていたのは、かすかに記憶にある。

その五代目の孫弟子による継承・・というには、演
者の個性が違いすぎるけれど。

カミさんの半纏を引っぺがして質に入れ、その金で
買った富くじが、大当たり!

千両の当りから2割引かれて八百両。
主人公の八五郎(屋根屋の職人)にとっては、目の
くらむような大金に違いない。

喜んであちこちで大盤振る舞いしながらも、年始用
の裃を買うのは古着屋、腰にさす刀も何百両、何十
両のはダメで、五両という手ごろな値・・。

なんかちぐはぐだけれど、舞い上がっちゃうとこん
な感じかなぁ・・と、納得出来る。

繰り返される「御慶!」に、もういくつ寝ると・・
の思いをかきたてられつつ、今年の落語の聞き納め
(たぶん)。

最後、お席亭に促されたさん助師の音頭で、めでた
く三本締めて、終演・・遠くからおいでの方、バス、
まだあったかなぁ?
posted by JTm at 08:42| 落語 | 更新情報をチェックする