2020年01月20日

2020.1.19 新春浅草歌舞伎@浅草公会堂

2020.1.19 新春浅草歌舞伎 第2部

演目
お年玉<年始ご挨拶>       中村橋之助
「絵本太功記」
  尼ヶ崎閑居の場
  (配役)武智光秀=中村歌昇、十次郎=中村隼人、
      初菊=中村米吉、皐月=中村梅花、
      操=坂東新悟、佐藤正清=中村橋之助、
      真柴久吉=中村錦之助   外
  (休  憩)
「仮名手本忠臣蔵」
  祇園一力茶屋の場
  (配役)大星由良之助=尾上松也、お軽=中村米吉、
      寺岡平右衛門=坂東巳之助、
      斧九太夫=大谷桂三    外

  IMG_7459 (2).JPG IMG_7460.JPG

浅草の新春は、若手奮闘の歌舞伎公演。今まで行った
ことがないのだが、ふとしたことからチケットを譲り
受け、初めて参加。

たまたまだが、この日の第2部は、「着物で歌舞伎」
というイベントだったようで、着物のお客さん多数・・
そして、案内のお嬢さんたちも着物姿。

ま、わたしはいつも通りのジーンズですが。

 IMG_7470 (2).JPG

冒頭に出演俳優の挨拶がある。この日の担当は橋之
助さん・・携帯切ってと再三言っておられたが、始
まってすぐ、どこかで鳴ってましたね・・グリーン・
スリーブス。

演目の解説をしてくれるのは、分かりやすくて良い
けれど、一か所???のところが。
「光秀の母・皐月は尼ヶ崎の閑居というところに隠
れ住んで・・」って・・閑居は地名???

閑話休題。

 IMG_7462 (3).JPG

「絵本太功記・尼ヶ崎閑居の場」。主君・小田春永
を討った息子を許せず、母・皐月は尼ヶ崎の田舎家
に隠れ住んでいる。

そこに、光秀の子、十次郎が出陣の挨拶にやって来
るところから話が始まった。
(実はこの以前に、光秀の妻・操が十次郎の許婚の初菊を
連れて、また、敵の大将・真柴久吉も旅僧に化けてこの家
に入り込んでいる)

死を覚悟しての出陣を、なんとか止めたい初菊と、
武士の生き方を貫きたい十次郎の場面は重い・・が、
ちと眠気を誘うのも確か。

そこへ戦場の傷も生々しい光秀が現れて、物語は一
気に「動」に転じる。

と思ったら、湯殿にいる久吉を貫いたはずの光秀の
竹槍は、なぜか母の皐月の胸に・・というところで
またまた「静」の場面に・・あー、また眠くなった。

最後にようやく登場する久吉は、錦之助丈。若手の
芝居の中での「上置き」といった役どころ。さすが
に舞台が締まる。

IMG_7462 (2).JPG

「仮名手本忠臣蔵・祇園一力茶屋の場」。忠臣蔵十
一段の中では、最も華やかな場面。おかげで眠くな
るヒマはない。

敵の目を欺くため、祇園に入り浸る由良之助・・そ
こへ、若い浪士たちがお頭の真意を確かめに来、足
軽の平右衛門も仇討の仲間に入れてもらおうとして
同行。

さらに、由良之助の息子・力弥が密書を持って登場
し、その手紙の内容を、お軽と斧九太夫が盗み読み・・

誰でも知ってますよね、この場の筋は・・多分。

後半、お軽と兄である平右衛門の場面は、落語「七
段目」で、あまりにもなじみ深い。ふたりのセリフ
を、ほぼ完ぺきになぞることが出来る・・と気づい
て、ひとり苦笑した。

改めて出演者の顔ぶれを見ると、ほとんどの方が、
その父上を見ている・・と気づく。すごーく熱心と
いうほどの歌舞伎ファンではないけれど、年月だけ
は、重ねて来たようだ。

なんとなく、感慨にふけりつつ帰路につく。

着物じゃなくても、記念品はいただけました。
 IMG_7472.JPG
posted by JTm at 09:32| 芝居 | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

2010.1.18 花形演芸会@国立演芸場

2020.1.18 第488回 花形演芸会

演目
神田桜子     (講談)実録八百屋お七
桂 伸三     古着買い
古今亭駒子    ナースコール
母心       (漫才)
三遊亭萬橘    岸柳島
  (仲 入 り)
爆笑問題     (漫才)
桂 小すみ    (音曲)
古今亭志ん五   子別れ(下)
        (三味線:恩田えり)

桜子「八百屋お七伝」。火事で避難したお七が、恋人
と出会うくだり。聞いていて思い浮かぶ“絵”が、なぜ
か、少女漫画っぽく。

伸三「古着買い」。伸三はしんざと読むそうだ。この
噺は本来、「古手買い」って言ってたんじゃないかな?
壺算みたいに買い物上手な兄貴分が、古着屋相手に上
手い買物をしようとするが・・・後半は、大工調べみ
たいな啖呵の応酬。

駒子「ナースコール」。白鳥作のお馴染みの噺だが、
みどりちゃんが緊急オペのことを知る、あとの展開に
は大事な個所が抜けちゃったような・・?

母心。花形で三度目の遭遇。最初のころは向かって左
の嶋川さんが女装していたように思う。この方、日本
舞踊の名取だそうで、それを活かしての歌舞伎ネタ。

テーマは「もし〇〇が歌舞伎役者だったら」。“裏”で
本物を上演してる場所だから・・大ウケ。
漫才での芝居振りは、ホームランのたにしさんもやる
けれど・・・負けてないです(笑)

萬橘「岸柳島」。うーん、本篇よりも、間に挟む入れ
事の方が面白かったかな・・。

ゲスト・爆笑問題。TVの人気者とあって、このコン
ビをお目当てのお客さんも多かったかな。個人的には、
顔は知ってますという程度。TVではちらっと見たが、
生で見るのは初めて。

意外に、フツーの漫才だな・・という感想。時事ネタ
中心なのは、ニュース番組やっているからかな?

小すみ。わたしの今回のお目当てはこの方。
芸術協会のお囃子をやっておられたころから注目して
いる。
「長崎ぶらぶら節」「越後獅子(玉川スミ作・タネ尽
くし)」「(琴)六段の調べ」「(尺八)荒城の月」
「春の海(オペラ風唄付)」「長崎さわぎ」。

もともと西洋音楽をやっていたとのことで、発声の仕
方が、小菊師匠や橘之助師とはまるで違うなぁ・・
すごい才能です・・これからますます注目。

志ん五「子別れ(下)」。志ん五師のこの噺は、志ん
八時代にも遭遇していなくてお初。
割合にさらっとした印象・・古今亭らしいということ
かもしれない。でも最後はきっちり泣かされた。

熊さんが、元女房にきちんと頭を下げて詫びを言うの
がとってもいいです。

終演予定8時55分と掲示されていたけれど・・ジャス
トその時間に終演。お見事!
posted by JTm at 11:11| 落語 | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

2020.1.16 桂吉坊・春風亭一之輔二人会@日本橋劇場

2020.1.16 第11回 桂吉坊・春風亭一之輔二人会

演目
三遊亭歌つを      牛ほめ
春風亭一之輔      短命(終演後の貼り出しは「長命」)
桂 吉坊        帯久
  (仲 入 り)
桂 吉坊        七福神
春風亭一之輔      浜野矩随(はまののりゆき)
         (三味線:???)

不定期開催のこの会も、11回目となり、お客さんが
どんどん増えている感じ・・二階席もかなりの入り。

歌つを「牛ほめ」。前々日に続き・・なので、ごめ
んなさい、休憩しました。

一之輔「短命」。繰り返し聞いた噺だけれど、聞く
たびに、“新しい何か”が、追加されているようだ・・
だから聞くたびに、いつでもどこでも大笑いしてし
まう。・・今回、羽織を脱ぐタイミング、お見事!

吉坊「帯久」。今回のネタ出し。かなり以前に志の
輔師で聞いた記憶があるが、その後、遭遇せず。
前回も長かったけれど、今回はなんと1時間超の大
長講。

大坂・瓦屋町で、ともに呉服商を営む、和泉屋と帯
屋。繁盛する和泉屋に対し、帯屋の方はパッとしな
い。帯屋が商売の資金を借りに来ると、和泉屋の主
人は、無利息無証文で貸してやる。

帯屋の方も、信頼に応えてきちんきちんと返してい
たが、ある大晦日、返しに来たはずの百両の大金を、
ひょんなことから持ち逃げしてしまう。

ここからふたつの店の運命は逆転。想定外の資金を
得た帯屋は、思い切った商売で大繁盛、一方、和泉
屋の方は、娘と妻に先立たれ、奉公人には裏切られ、
さらには火事でまる焼けに。

別家していた元の奉公人のところに居候、自身も病
の身となった和泉屋の主人・与兵衛・・10年の歳月
を経て、ようやく、健康を取り戻す。

自分の面倒を見てくれた別家(と言っても商売に失
敗して没落している)の武兵衛に、もう一度和泉屋
の暖簾をあげさせたいと、与兵衛は帯屋に借金を頼
むが・・・

調べたところ、元は講釈ネタらしい。講釈では大岡
政談とのことだから、もともとは江戸の話なのか・・
と言っても、落語としては上方落語のイメージが強い。

笑いのない噺を、1時間、ダレさせずに語る吉坊師
の話術の巧みさに脱帽・・だけど、これだけひっぱっ
て、あの馬鹿馬鹿しいオチとは・・なんとも、落語
らしいなぁ。

吉坊「七福神」。帯久が長すぎて、「わたしの持ち
時間はあと5分」と。まさかねぇ・・と思ったら、
本当に5分・・正月らしい小噺で。

主人公が思い出せなかったあとの一福は、布袋様です。

一之輔「浜野矩随」。今回のネタ出し。
こちらも釈ネタだが、落語でもよく演じられている
ようだ。今までにさん喬師、談四楼師、甚語楼師等
で聞いた記憶がある。

根付などを彫る腰元彫りの名人・浜野矩康の息子、
矩随は、父の仕事を継いだもののさっぱりと芽が出
ない。道具屋の若狭屋は、矩康への恩返しという気
持ちもあって、そんな矩随の面倒を見ている。

しかし、ある時、酔った勢いで、若狭屋は矩随を厳
しく叱責・・出入りを禁じてしまう。

家に帰った矩随は、絶望のあまり死を覚悟して、母
に打ち明ける・・と、母は「そうだね、死んだ方が
良いね・・でもその前に、わたしに形見を・・観音
様を彫っておくれ」。

死を覚悟した矩随が、素晴らしい観音像を彫り上げ
る・・という結末は、推して知るべし。

最後、母が自害を試みて、本当に死んでしまう場合
と、間一髪助かる場合、二通りの結末があるが、一
之輔版は、母が死んでしまうかたちだった。

後味悪いはずの結末なのに、不思議と気にならず、
カラッと明るい雰囲気・・これは、一朝師匠のDN
Aだよなぁ・・と思いつつ聞く。

感心したのは、父の矩康は観音像を彫らなかったと
いう設定。父の作の真似ではなく、矩随自身の作を
母は彫らせたかったのだ。

そしてもうひとつ、心休まる河童狸の存在。矩随の
失敗作ではあるけれど、見る人を皆、笑顔にしてし
まう作・・そこに、矩随の秘めたる実力が垣間見え
る・・・のではないか?
posted by JTm at 10:31| 落語 | 更新情報をチェックする