2020年01月14日

2020.1.11 国立能楽堂普及公演

2020.1.11 国立能楽堂普及公演

演目
解説・能楽あんない
 「八島のいくさを語り継ぐ」
   佐伯真一(青山学院大学文学部教授)
狂言「酢薑(すはじかみ)」(和泉流)
   シテ(酢売り)=髙沢祐介、
   アド(薑売り)=前田晃一
  (休  憩)
能「八島(やしま)」(宝生流)
   シテ(前・漁翁、後・源義経)=今井泰行、
   ツレ(男)=亀井雄二、
   ワキ(旅僧)=村山 弘、
   アド(浦人)=三宅近成、
   囃子方 笛=槻宅 聡、小鼓=住駒匡彦、
       大鼓=大倉正之助
   後見=朝倉俊樹、和久荘太郎
   地謡=今井 基、小倉伸二郎、金森隆晋、金井雄資、
      金森亮充、小倉健太郎、東川尚志、髙橋憲正

佐伯氏の解説は、「八島」の内容に即して、あらすじ
と、能におけるその表現方法について・・だったかな?
三日もたってしまったので、もはや霧の彼方。
すいません。

「酢薑」。薑というのは山椒あるいは生姜のことだそ
うだが、この演目ではおそらく生姜だろう。

摂津国の薑売りと和泉国の酢売りが、都で出会い、わ
れこそは商人の司と言い争いに。それぞれの商売の由
来を述べた挙句に、秀句を言っての競争に。

秀句というのは、いわゆる駄洒落。お互いにそんなこ
とを言い合っていたら、笑っちゃって争いどころじゃ
なくなるね・・という訳で、最後はふたり仲良く・・
生姜には酢はつきものだしね。

・・国と国の争いも、駄洒落で決着がつけられたらい
いのにな。

「八島」。八島は現在の香川県高松市の屋島で、江戸
時代の埋め立てで現在は陸続きとなっているが、中世
のころは本当の島だった。源平の決戦の場である。

能の演目としては、観世流では「屋島」、他の流派で
は「八島」と表記するそうだ。

旅の僧がこの地を訪れ、漁夫の小屋に一夜の宿をとる。
夜のつれづれに、昔のいくさの話を乞う旅僧に、老漁
夫は、三保谷四郎と悪七兵衛景清の錣引きのことや、
源義経の話を詳しく語る。

そのあまりの詳しさに、「あなたはいったいどなたで
す?」と問う僧・・老漁夫はこれには答えず姿を消す。

やがて、そこへ浦人がやってきて、見知らぬ僧が寝て
いるのに驚き、僧を起こす。浦人もまたかつてのいく
さのことを語り、先ほどの老漁夫はきっと義経の霊で
あろう・・供養してくださいと。

僧が待っていると、今度は甲冑姿の源義経が現れて、
自分が修羅道にいること、現世への執着を残していて
成仏出来ないことを語り、八島での弓流しの話をする。

ちなみに修羅道というのは、いわゆる六道のひとつで、
阿修羅のいる世界のことだそうだ。生前に醜い争いを
した人が生まれ変わる世界で、ここにいる人は、絶え
ず怒りに駆られて、激しい戦いを続けなくてはならな
いのだという。

義経もまた、この修羅道で、今もまだ激しい戦いに明
け暮れている・・・

供養しようという旅僧の心もむなしく、義経の霊は、
修羅道の鬨(とき)の声に呼ばれ、戦いを求めて消え
て行くのだった。

・・・という理解でよろしいのでしょうか。
正直、半分もわかってません・・あー、情けなや。
posted by JTm at 09:51| | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

2020.1.6 人形浄瑠璃 初春文楽公演@国立文楽劇場

2020.1.6 人形浄瑠璃 初春文楽公演 第一部
     -国立文楽劇場開場35周年記念-

演目
「七福神宝入舩(しちふくじんたからのいりふね)」
  太夫 寿老人=竹本三輪太夫、大黒天=竹本津國太夫、
     弁財天=豊竹芳穂太夫、布袋=豊竹靖太夫、
     福禄寿=豊竹亘太夫、恵比寿=竹本碩太夫、
     毘沙門=竹本文字栄太夫
  三味線 鶴澤清友、鶴澤清志郎、鶴澤清馗、鶴澤清𠀋、
      鶴澤友之助(胡弓も)、鶴澤清公(琴も)、
      鶴澤清方
  人形役割 寿老人=吉田玉志、大黒天=吉田勘市、
       布袋=吉田清五郎、弁財天=桐竹紋臣、
       福禄寿=桐竹紋秀、恵比寿=吉田蓑紫郎、
       毘沙門=桐竹亀次
  (休  憩)
竹本津駒太夫改め六代目竹本錣太夫襲名披露狂言
「傾城反魂香(けいせいはんごんこう)」
  土佐将監閑居の段
   (口)太夫 豊竹希太夫、三味線 竹澤團吾
   (奥)太夫 竹本津駒太夫改め竹本錣太夫
      三味線 竹澤宗助ツレ鶴澤寛太郎
   人形役割 浮世又平=桐竹勘十郎、女房おとく=豊松清十郎、
        土佐将監=吉田玉也、弟子修理之介=吉田玉勢 外
  (休  憩)
「曲輪文章(くるわぶんしょう)」(文章は文偏に章が正)
  吉田屋の段
   (口)太夫=豊竹睦太夫、三味線=野澤勝平、ツレ=野澤錦吾
   (奥)太夫 伊左衛門=豊竹咲太夫、夕霧=竹本織太夫、
         喜左衛門=豊竹藤太夫、おきさ=竹本南都太夫、
         男=豊竹咲寿太夫
      三味線 鶴澤燕三、ツレ=鶴澤燕二郎
   人形役割 伊左衛門=吉田玉男、夕霧=吉田和生、
        喜左衛門=桐竹勘壽、女房おきさ=吉田蓑助、
        禿=吉田玉延   外

 はやし=望月太明藏社中

「七福神宝入舩」。
 IMG_7281 (2).JPG

舞台いっぱいに七福神を乗せた宝船が現れる。操る人形
遣いを入れると総勢28人が乗っている・・大混雑(笑)

ここで神様たちが順番に隠し芸を披露・・実際に演じる
のは、床の三味線弾きのみなさん。琴と三味線を同時に
鳴らしたり、三味線で太鼓や琵琶の音色を再現したり。

長い頭の福禄寿は、その頭のてっぺんに獅子頭を載せて
越後獅子の真似。この首(かしら)は、福禄寿以外には
使われない、専用首です。

「傾城反魂香」。襲名披露狂言なので、演目に入る前に、
床の上で披露口上が。舞台よりから、錣太夫、宗助、呂
太夫の順で並び、呂太夫師が口上を述べる。

あとの上演時の都合だろうが、襲名する本人ではなく、
三味線の宗助師が真ん中なのは、ちょっと違和感あり・・

文楽の口上、今までも何度か見たけれど、やり方が毎回
違っているので、毎回、驚いている。

さて、肝心の“本番”の方は、旅疲れか眠気との戦いに・・
二月に東京でも見るから・・と、勝負を諦めた。ごめん
なさい。

第一部終演後、錣太夫師のサインをいただきました。
 IMG_7438 (2).JPG

「曲輪文章」。文章は正しくは文偏に章の一字だが、本
家本元のサイトにもこの字が出ていないので、諦めて二
字で記す。
 IMG_7282 (2).JPG

以前見たときは、後半もひとりの太夫の語り(嶋太夫師)
だったが、今回は、役ごとに分担する形。恋人同士の伊
左衛門と夕霧を、咲太夫・織太夫両師の師弟コンビで演
じた。

・・これもまた、興味深くはあるけれど、出来ることな
ら、咲太夫師おひとりで・・と思うのは、欲が深すぎる
だろうか。

揚屋の女房・おきさを蓑助師が遣う。出番はごく少ない
のだけれど、舞台にいる間は、ついつい、そちらに目が
行ってしまう感じ・・至芸と言うべきだろう。


2020.1.6 人形浄瑠璃 初春文楽公演 第二部
     -国立文楽劇場開場35周年記念-

演目
「加賀見山旧錦絵(かがみやまこきょうのにしきえ)」
  草履打の段
   太夫 岩藤=豊竹靖太夫、尾上=豊竹芳穂太夫、
      善六=竹本小住太夫、腰元=豊竹亘太夫、竹本碩太夫
   三味線 鶴澤清治
  (休  憩)
  廊下の段
   太夫 豊竹藤太夫、三味線 竹澤團七
  長局の段
   (口)太夫 竹本千歳太夫、三味線 豊澤富助
   (奥)太夫 竹本織太夫、三味線 鶴澤藤蔵
  奥庭の段
   太夫 豊竹靖太夫、三味線 野澤錦糸
 人形役割(各段共通)
   岩藤=吉田玉男、尾上=吉田和生、お初=桐竹勘十郎、
   弾正=吉田玉輝、安田庄司=吉田玉佳   外
  (休  憩)
「明烏六花曙(あけがらすゆきのあけぼの)」
  山名屋の段
   太夫 豊竹呂太夫、
   三味線 鶴澤清介、胡弓 鶴澤清允
   人形役割 時次郎=吉田玉助、浦里=吉田勘彌、
        禿みどり=吉田玉路、髪結おたつ=豊松清十郎、
        主人勘兵衛=吉田文司、手代彦六=吉田蓑二郎、
        遣り手おかや=吉田蓑一郎

 はやし=望月太明藏社中

「加賀見山旧錦絵」。個人的に思い入れのある演目で、
大いにのめり込んで見る。

石見国浜田松平家のお家騒動・・お家乗っ取りを企む局・
岩藤が、その密書を拾ってしまった中老・尾上に大パワ
ハラ・・・ありとあらゆる侮辱を加えるので、尾上は自
害、尾上の女中のお初が、その仇を討って、お家騒動を
未然に防ぐ。

実は、歌舞伎の演目で、自ら意識して見た、初めての作
品である。そのせいか、今でも鮮明に思い出せるのだ。

尾上を演じていたのは、六代目歌右衛門丈、お初は七代
目芝翫丈、岩藤は三代目實川延若丈・・すべて故人だ。

人形に、その俳優さんたちの姿が被って見える。なんと
も懐かしい。

冒頭の草履打で岩藤を語るはずだった呂勢太夫師は今月
も休演。代役は靖太夫師で、そのため靖太夫師は、幕切
れの奥庭とともに、最初と最後を務める・・なんだか、
ひと回り大きく進化したようだ。

「明烏六花曙」。
 IMG_7278 (2).JPG

遊女と若者の恋模様、ふたりの間には実は子どももいる
という点など、第一部の曲輪文章によく似ている。

しかし、こちらの若者・時次郎は、主人から預かった大
事な掛軸を紛失して、秘かに捜している。そして、その
掛軸は、恋人の遊女・浦里を抱える山名屋が持っている。

この抱え主の性格が、吉田屋の喜左衛門とは正反対、意
地悪く、欲深く、残忍でもある。

出入り止めにもかかわらず、浦里のもとに忍んで来る時
次郎を嫌い、秘蔵の掛軸を奪い返されることを恐れた山
名屋は、時次郎を捕らえようと、浦里や禿のみどり(実
は時次郎と浦里の娘)を折檻・・このあたり、なんだか
倒錯的世界。

ただ、これがだんだん、滑稽味を帯びてくるのがなんだ
か奇妙ではある。

主人に替わり、折檻をする遣り手のおかやと、浦里に横
恋慕する手代の彦六が入り混じって、ドガチャカ、ドガ
チャカ・・・

え、これ何なの??・・って感じ。

そのドタバタの間に、主人公のカップルは、無事、娘を
連れ、掛軸を持ち出して・・・めでたし、めでたし。

ま、お正月らしい結末と言ってよいのでしょう・・ね?

第一部、二部とも、長い休憩の前にご挨拶と手ぬぐい撒
き。初日から7日までのサービスとのこと。
“遠投”ナンバー1は、第一部の上手側にいらした、人形
遣いの方・・だったかな。

でも、結局、わたしのところには届きませんでしたがね。
posted by JTm at 19:59| 文楽 | 更新情報をチェックする

2020.1.5 新春天空狂言@大槻能楽堂

2020.1.5 新春天空狂言 第二部

演目
新春トーク      茂山あきら
狂言「二人袴」
   聟=茂山逸平、親=茂山七五三、
   舅=丸石やすし、太郎冠者=増田浩紀、
   後見=井口竜也
  (休  憩)
新作狂言「伊曽保(いそほ)鼠」
   飯沢匡=作、茂山あきら=演出
   田舎の鼠=茂山宗彦、都会の鼠=茂山千之丞、
   猫=茂山あきら    後見=鈴木 実
狂言「禰宜(ねぎ)山伏」
   山伏=茂山千五郎、禰宜=茂山千三郎、
   茶屋=網谷正美、大黒天=島田洋海
   後見=井口竜也
附祝言「猿唄」    井口竜也

いつもは第一部・第二部を通しで見るのだが、今回は
用事で東京出発が昼頃になったため、第二部のみ観賞。

大槻能楽堂、改修工事を行ったそうで、座席がきれい
になったけれど、わたしにはちょっと座面が高すぎて、
足がぶらぶら・・あと、トイレも改修したようだが、
使わなかったのでどんなふうになったのかは不明。

新春トークは、あきら師。新春の・・というより、もっ
ぱら、演目の解説。特に、子年にちなんで数十年ぶり
に上演される「伊曽保鼠」の話をたっぷりと。

「二人袴」。本物の親子が親と子に扮しての二人袴。
おっとりとした世間知らずの息子は、逸平さんによく
似合う。そして、厳しい中にも愛情いっぱいの親は、
まさに七五三師そのまま、です。

「伊曽保鼠」。イソップ物語の中の、「町のねずみと
田舎のねずみ」の寓話を、劇作家の飯沢匡氏が、狂言
に脚色した作。半世紀以上も前に、和泉流で上演した
と、あきら師の解説。

イソップの原作は、まず、田舎のねずみが町のねずみ
を招待し、次に、町のねずみが・・という流れになっ
ているが、今回は、田舎のねずみが都会を訪れるとこ
ろから始まった。

登場人物?は、三人とも普通の黒紋付に袴といういで
たちで登場し、ねずみ役は、あの、ディズニーのキャ
ラクターみたいな耳をつける・・一礼のあと、懐から
これを取り出したところで、もはや、爆笑。

狂言らしく、大道具も小道具もなく、ねずみたちは自
動車の間をかいくぐって、御馳走のある建物へ。
たっぷりのご馳走を前に舌なめずりをするところへ、
なんと、怖い怖いねこが・・・

ここで、逃げ腰の都会ねずみを押しとどめて、ねこに
反撃?するのが、田舎のねずみ。

さて、これはなにを意味するのかな?
柔軟で融通無碍の田舎のねずみは、宗彦さんに良く似
合う。

そして、やや前衛風の演出には、千之丞さんの狂言風
コントの香りが強いような。

「禰宜山伏」。解説によれば、こちらも干支にちなむ
演目なのだそうだ。ねずみは登場しないけれど、その
ねずみを神使とする大黒様が登場するから。

傲慢な山伏と、気弱な禰宜(神職)が、峠の茶屋で鉢
合わせして争いとなるが、茶屋の亭主の仲裁で、大黒
様の置物をそれぞれの呪文で動かす勝負をすることに。

狂言にはよくあるパターンの物語で、これはほぼ100
パーセント、山伏が負けるのである。
・・よっぽどの嫌われ者だったんだねぇ、当時の山伏っ
て。

残念ながら見られなかった第一部は、「末広かり」、
「止動方角」、「梟」の三曲だった由。意外にお正月
らしい演目はなかったんですねぇ。

うん、これなら第二部だけでも良かったかな・・でも
やっぱり見たかったかな・・などと思い乱れつつ、宿
泊するホテルに向かう。
posted by JTm at 17:18| 狂言 | 更新情報をチェックする