2020年01月03日

2020.1.2 新春国立名人会@国立演芸場

2020.1.2 新春国立名人会 初日・第二部

演目
若山胤雄社中      (壽獅子)
春風亭昇太       犬貸してください
松乃家扇鶴       (音曲)
林家正雀        豊竹屋
アサダ二世       (奇術?)
三遊亭圓丈       悲しみは埼玉に向けて
  (仲 入 り)
やなぎ南玉       (曲独楽)
三遊亭金馬       藪入り
林家二楽        (紙切り)羽根つき、花魁道中、チコちゃん
柳亭市馬        かつぎや
          (三味線:千葉しん)

新年の落語始めは国立演芸場。この日、第一部には
樽酒のふるまいもあったらしいが、そういう混雑の
嫌いなへそ曲がりは、第二部に行く。

なにせ、落語協会、落語芸術協会の両会長が名を連
ねるという豪華プログラム。国立だから出来ること。

お正月の寄席のお楽しみは、獅子舞。若山胤雄社中
は、国指定重要無形文化財の江戸里神楽の継承者。
獅子だけでなく、大黒様も登場して、めでたく舞い
初め。

昇太「犬貸してください」。昨年、とうとう結婚し
て話題になった昇太師匠、夫婦小噺の連発・・演題
は、最後に演ったちょっと長めの小噺から。

扇鶴。芸協所属の音曲師とのこと。お初です。
かなりのご高齢とお見受けする・・「ストトン節」
「東雲節」を披露した後、なぜか歴代横綱の名前を
・・輪島大士で時間切れ。

正雀「豊竹屋」。浪花千栄子のあれこれをマクラに
豊竹屋へ。干支にちなんで・・かな? サゲがネズ
ミだから。

アサダ二世。奇術?としたのは、ほとんどがおしゃ
べりだったから・・例によってだけれど。あと、ト
ランプひと組を、気前よく客席に飛ばす・・足元に
1枚、飛んできました。

圓丈「悲しみは埼玉に向けて」。終演後の貼り出し
にはそう書いてあったが、噺に入っても全然ウケな
いので、結局、漫談に終始・・ちゃんと演って欲し
かったなー。

南玉。お馴染みの紋之助師と違って、座っての演技。
動と静。

金馬「藪入り」。この位置で?と思わないでもない
が、正直、まともな噺はこれだけだったような。
板付きで、尺台を前に置いての高座だが、お元気で
なにより。

この秋、金馬の名を弟子で息子の金時師に譲り、ご
自身は「金翁」を名乗られる由。まだまだ、ですね。

二楽。この日の出演者で最年少(笑)。チコちゃん
は、「ボーッと生きてんじゃないよ!」の方の顔を
切って欲しかった。

市馬「かつぎや」。まずはまずは唄い初めとばかり、
新年を寿ぐ相撲甚句から。本当にほれぼれするお声
です。お正月気分が盛り上がる。

ここから自然な流れで噺に。前半の権助の失敗を補っ
てあまりある、宝船売りの快挙。
初春の寄席は、あくまでおめでたく。

とっても高齢の出演者が多いなーと、帰ってから演
芸家名鑑と首っ引きで、出演者の年齢を調べた・・
結果、出演者全員の平均年齢は、63歳ということが
判明・・意外に若いような・・・
(とある理由で、ややショックでもあるのです。)

posted by JTm at 10:47| 落語 | 更新情報をチェックする