2020年01月20日

2020.1.19 新春浅草歌舞伎@浅草公会堂

2020.1.19 新春浅草歌舞伎 第2部

演目
お年玉<年始ご挨拶>       中村橋之助
「絵本太功記」
  尼ヶ崎閑居の場
  (配役)武智光秀=中村歌昇、十次郎=中村隼人、
      初菊=中村米吉、皐月=中村梅花、
      操=坂東新悟、佐藤正清=中村橋之助、
      真柴久吉=中村錦之助   外
  (休  憩)
「仮名手本忠臣蔵」
  祇園一力茶屋の場
  (配役)大星由良之助=尾上松也、お軽=中村米吉、
      寺岡平右衛門=坂東巳之助、
      斧九太夫=大谷桂三    外

  IMG_7459 (2).JPG IMG_7460.JPG

浅草の新春は、若手奮闘の歌舞伎公演。今まで行った
ことがないのだが、ふとしたことからチケットを譲り
受け、初めて参加。

たまたまだが、この日の第2部は、「着物で歌舞伎」
というイベントだったようで、着物のお客さん多数・・
そして、案内のお嬢さんたちも着物姿。

ま、わたしはいつも通りのジーンズですが。

 IMG_7470 (2).JPG

冒頭に出演俳優の挨拶がある。この日の担当は橋之
助さん・・携帯切ってと再三言っておられたが、始
まってすぐ、どこかで鳴ってましたね・・グリーン・
スリーブス。

演目の解説をしてくれるのは、分かりやすくて良い
けれど、一か所???のところが。
「光秀の母・皐月は尼ヶ崎の閑居というところに隠
れ住んで・・」って・・閑居は地名???

閑話休題。

 IMG_7462 (3).JPG

「絵本太功記・尼ヶ崎閑居の場」。主君・小田春永
を討った息子を許せず、母・皐月は尼ヶ崎の田舎家
に隠れ住んでいる。

そこに、光秀の子、十次郎が出陣の挨拶にやって来
るところから話が始まった。
(実はこの以前に、光秀の妻・操が十次郎の許婚の初菊を
連れて、また、敵の大将・真柴久吉も旅僧に化けてこの家
に入り込んでいる)

死を覚悟しての出陣を、なんとか止めたい初菊と、
武士の生き方を貫きたい十次郎の場面は重い・・が、
ちと眠気を誘うのも確か。

そこへ戦場の傷も生々しい光秀が現れて、物語は一
気に「動」に転じる。

と思ったら、湯殿にいる久吉を貫いたはずの光秀の
竹槍は、なぜか母の皐月の胸に・・というところで
またまた「静」の場面に・・あー、また眠くなった。

最後にようやく登場する久吉は、錦之助丈。若手の
芝居の中での「上置き」といった役どころ。さすが
に舞台が締まる。

IMG_7462 (2).JPG

「仮名手本忠臣蔵・祇園一力茶屋の場」。忠臣蔵十
一段の中では、最も華やかな場面。おかげで眠くな
るヒマはない。

敵の目を欺くため、祇園に入り浸る由良之助・・そ
こへ、若い浪士たちがお頭の真意を確かめに来、足
軽の平右衛門も仇討の仲間に入れてもらおうとして
同行。

さらに、由良之助の息子・力弥が密書を持って登場
し、その手紙の内容を、お軽と斧九太夫が盗み読み・・

誰でも知ってますよね、この場の筋は・・多分。

後半、お軽と兄である平右衛門の場面は、落語「七
段目」で、あまりにもなじみ深い。ふたりのセリフ
を、ほぼ完ぺきになぞることが出来る・・と気づい
て、ひとり苦笑した。

改めて出演者の顔ぶれを見ると、ほとんどの方が、
その父上を見ている・・と気づく。すごーく熱心と
いうほどの歌舞伎ファンではないけれど、年月だけ
は、重ねて来たようだ。

なんとなく、感慨にふけりつつ帰路につく。

着物じゃなくても、記念品はいただけました。
 IMG_7472.JPG
posted by JTm at 09:32| 芝居 | 更新情報をチェックする