2020年01月31日

2020.1.30 赤坂雲助の会@赤坂会館

2020.1.30 赤坂雲助の会

演目
三遊亭ぐんま     権助魚
五街道雲助      徳ちゃん
  (仲 入 り)
五街道雲助      品川心中(通し)

この会場での雲助師の会は三回目。毎回、次の会の
チケットを会場で販売するから、客席はご常連ばか
り・・・雲師曰く、「赤坂秘密倶楽部へようこそ」。

ぐんま「権助魚」。「ちゃんと古典落語演ります」
と宣言しながら、銭湯での実体験?マクラを長々と。
そして唐突に入った噺本篇は、故郷である群馬への
愛に満ちた噺でした。

権助が合間合間に発する「ほげっ?」が無性に可笑
しい。

雲助「徳ちゃん」。2016年にぎわい座以来なので
久しぶり。「今日のワリで遊べるよ」というのは、
何度聞いても、可笑しくてそしてちょっと切ない。

マクラにたっぷりと振った、若き日の、吉原でのご
修行実体験?話とともに、昭和の御代・・いや、噺
の方はさらにそれ以前だが・・を感じます。

雲助「品川心中」。通しで聞くのは、こちらも2016
年、見番の会以来。

後半の仕返し篇では、筋書を書いた親分ばかりでな
く、金蔵の弟役を演じた仲間も、かなりの芸達者で
(さん喬師匠との違い)、どうやらお染はまんまと
騙されて、黒髪を切ってしまったらしい。

噺の間は笑って聞いていたのだけれど、後から考え
るとなんか、気の毒になる・・

一席目では、“離れ”に通された徳ちゃんの、二席目
では、髪を切ってしまったお染の、今後が気がかり。
posted by JTm at 10:54| 落語 | 更新情報をチェックする