2020年02月20日

2020.2.19 三春会@浅草見番

2020.2.19 第四回 三春会

演目
春風亭貫いち     子ほめ
春風亭一花      幇間腹
春風亭三朝      松曳き
  (仲 入 り)
春風亭柳朝      ねずみ
春風亭一朝      二番煎じ
       (三味線:太田その)

貫いち「子ほめ」。一之輔師の四番弟子とのこと。
お初です。2月上席から楽屋入りしたばかり。・・
にしては、上手いねぇ。今の前座さん、みんなそう
だけど。

一花「幇間腹」。暮れに結婚が報じられて、幸せいっ
ぱいの?一花さん・・噺もまた、一段と上手くなっ
たみたい。兄弟子の一左さんのために、お披露目の
チケットの宣伝もバッチリ。

三朝「松曳き」。2018年以来。声質が高いので、殿
様やお侍には苦戦しがちだが、この噺のお殿様や三
太夫さんには、逆にふさわしいかも。
とっ散らかっている三太夫さん・・可愛い。

柳朝「ねずみ」。月曜日に小辰さんで聞いた時に、
子年なのに・・と書いたけれど、続くとなると続き
ます。

そして、噺の方もほぼ一言一句、小辰さんの噺と同
じで、明らかにルーツは一緒。扇遊師匠か、扇辰師
匠か・・・卯之吉少年が9歳と言っていたところを
見ると、扇辰師かな?

一朝「二番煎じ」。一朝師匠のこの噺は大好き。
今年は遭遇の機会がなく、季節的にもうダメかな?
と思っていたので、聞けたというだけで嬉しくてた
まらない。

特に、番小屋での密やかな宴・・終わらないで!と
思ってしまった。

次回三春会は、またまた会場が変わって、赤坂会館。
5月22日(金)です。
posted by JTm at 16:57| 落語 | 更新情報をチェックする