2020年07月14日

2020.7.11 YouTubeで逢いましょう!by茂山狂言会(その16)

2020.7.11 YouTubeで逢いましょう!part16
            今更ながら「狂言入門編」

演目
(ご挨拶~トーク)
     茂山逸平
解説「狂言のお話」      茂山千五郎
狂言「柿山伏」
     山伏=鈴木 実、畑主=山下守之、後見=柴田鉄平
(トークと告知)
     逸平、千五郎
新作狂言「旅は道連れ」(茂山童司=作)
     江戸の者=茂山宗彦、都の者=茂山 茂、
     女房=井口竜也、   照明=逸平
(トークと告知)
     逸平、山下、鈴木
狂言「膏薬煉(こうやくねり)」
     都の膏薬煉=茂山千之丞、
     鎌倉の膏薬煉=島田洋海、  後見=柴田
(トークと告知、附祝言)
     逸平、千五郎、千之丞
附祝言「猿唄」    茂山千五郎  外一同

不定期配信となった第一回は、16回目にしてようやく?
狂言入門の回。

まずは、普段、学校公演でやっているプログラムから、
千五郎師の解説と、教科書にも載った「柿山伏」を。

茂山家の狂言会では、冒頭に役者さんたちが解説に出る
ことが多く、みなさん、お話が上手で面白い。
・・なるほど、こういう機会に“鍛えられ”ているのね・・

「柿山伏」は、なんと配信に三度目の上演。前回、第6
回配信の時は、リモート狂言で、まさかのドッキリ!
だったけれど、今回は真っ当に・・入門編ですから。

冒頭の解説に、大道具のない舞台で役者が「早や〇〇に
着いた」と言うと、即、場面が変わると。

その狂言の“お約束”を最大限に活かし、かつ、逆手にとっ
て作られたのが、「旅は道連れ」。

HANAGATAでの初演、再演も見ている。京から江戸へ
向かう男と、江戸から京へ向かう男が、なぜか旅の道連
れになるという・・方向、逆だよー!

「〇〇だ」と宣言することで、あっと言う間に場所も景
色も変わる・・あげくに、女房まで、自分のだったり他
人のだったり・・

頭が固いとついて行けません・・クラクラしてきた。

「膏薬煉」。これも“旅もの”で、京の膏薬煉と鎌倉の膏
薬煉が、効き目を争う。口々に説明する膏薬の効能やそ
の原材料が、まさにオドロキで・・

最後は鼻に紙きれを貼り付けての「吸い合戦」。(解説
によれば膏薬は痛みを“吸い取る”と信じられていた由)

・・ここでちょっとした?ハプニングが起きて・・でも
そのリカバリーが、実に傑作でした。これ、歴史に残り
そうだねぇ・・・。

次回配信は、17日(金)19:00~、とのこと。  
posted by JTm at 08:55| 狂言 | 更新情報をチェックする