2017年01月22日

2017.1.21 民俗芸能公演@国立小劇場

2017.1.21 民俗芸能公演 早池峰神楽 -大償と岳-

演目
大償(おおつぐない)神楽   出演=早池峰大償神楽保存会
   鳥舞(とりまい)
   天降(あまくだり)
   鐘巻(かねまき)
  (休   憩)
岳(たけ)神楽        出演=早池峰岳神楽保存会
   天女(てんにょ)
   五穀(ごこく)
   諷誦(ふうしょう)
   権現舞(ごんげんまい)

このブログにもいくつか神楽のことを書いたが、それ以前にも
旅行先などで、神楽を見る機会が何度かあった。

この早池峰神楽も、かなり以前に、岩手県大迫(おおはさま)
町(現在は花巻市に統合)の、現地で拝見する機会を得た。
・・・もっとも、何の知識もなく見たので、面白かったという印象
しか残っていないのだが。

なんの知識もないのは、まあ、今も同じで、今回も、面白かっ
た・・・という以上のことは言えそうにない。

早池峰山のふもとの、大償と岳のふたつの地区に伝承される
神楽で、国指定の重要無形文化財、そして、ユネスコの無形
文化遺産にも指定されている。

全部で40番以上の舞があるそうだが、今回は、大償から3番、
岳から4番という、ごく一部の?紹介だった。

儀式性の高い舞、豊穣を祈る舞、神話に題材をとった舞、優
雅な女舞・・・そして、圧巻だったのは、激しく勇壮な荒舞に位
置づけられる「諷誦」。(今回は岳神楽だったが、大償にも同
じ演目があり、そちらは「普将」と呼ぶそうだ)

荒ぶる神が、悪鬼を退治する様子を描く舞で、両手に刀(真剣)
を持って、これを操りながら激しく舞う。
まさに、手に汗握る、迫力満点の舞で、会場から、大喝采を
浴びていた。


2017.1.21 民俗芸能公演 壬生狂言

演目    出演=壬生大念佛講中
道成寺(どうじょうじ)
  (休   憩)
愛宕詣(あたごもうで)
  (休   憩)
紅葉狩(もみじがり) 

壬生狂言という名称は聞いたことがあったが、どんなものな
のか、知識はゼロだった。

壬生狂言は、京都市中京区にある壬生寺に伝わる芸能で、
正式には「壬生大念佛狂言」と言うそうだ。

鎌倉時代、多くの信者に仏の教えを分かりやすく伝えようと、
壬生寺中興の祖である圓覚上人が始めたと伝えられている。

始めは宗教的色彩が強かったのだろうが、近世になって、他
の芸能、演劇から様々な物語を取り入れ、庶民の娯楽として
も親しまれるようになった。

昭和51(1976)年、国の重要牟礼文化財に指定。現在、30
番ほどの演目が上演される。

すべての演者が面をつける仮面劇で、金鼓・太鼓・笛の囃子
に合わせて演じられる。中でも一番の特徴は、演者はすべて
無言・・・つまり、パンマイムだけで演じられるということだろう
・・・これには、本当に驚いた。

今回演じられた3番のうち、「道成寺」と「紅葉狩」は、能や歌
舞伎舞踊でもおなじみの演目。

そして、「愛宕詣」は、落語の「愛宕山」みたいにカワラケ投げ
(舞台から煎餅を投げる)をする場面があったりもする。

さらに、色好みの主人が、茶屋で出会った娘に心ひかれ、実
はとんだババをつかまされてしまうというその後の展開は、先
月見たばかりの狂言「業平餅」によく似ていた。


こうした各地の伝統芸能は、原則として、その場に行かない
と見られないし、その上、上演時期も限られているから、こう
して東京で見られる機会というのは、とても貴重である。

ただ、予備知識なしで見に行ってしまったのは、ちょっともっ
たいなかったかな・・・次の機会には、少し勉強してから行こ
う・・・とぞ思ふ。
posted by JTm at 20:09| 雑記 | 更新情報をチェックする