2017年01月25日

2017.1.24 彦六由縁落語会@日本橋社会教育会館

2017.1.24 彦六由縁落語会 -八代目林家正蔵没後35年-

演目
春風亭一花       やかん
春風亭一之輔      唖の釣り
橘家文蔵        天災
桂 藤兵衛       首提灯
  (仲 入 り)
八光亭春輔       松田加賀(+踊り「ふかがわ」)
春風亭一朝       中村仲蔵
           (三味線:田中ふゆ)

八代目正蔵から、彦六となって亡くなった稲荷町の師匠、
1982年1月29日が命日だそうで、追善の会である。
・・・気のせいか、客席の平均年齢高め、そして、男性が
多い!

一花「やかん」。魚の名のあれこれは省略して、土瓶、鉄
瓶からやかんへ。信玄・謙信の長い名前もスラスラと・・・
快調、快調。

一之輔「唖の釣り」。与太郎があまりにも与太郎で、馬鹿
馬鹿しくって可笑しい。ついでに寛永寺の見回りの侍も、
とんでもなく与太郎だよね、この噺。

文蔵「天災」。他のどんな演者よりも、主人公の八五郎が
乱暴者で、大家の家も紅羅坊センセの家も、玄関の戸を
外されてしまう・・・というのは相変わらずだけれど、なんか
それにますます、勢いがついたような気がする・・・。

藤兵衛「首提灯」。前段に、辻斬りや胴斬りの小噺をちり
ばめてから、本篇へ。真っ暗な中から、ぬっ!という感じ
で登場する勤番侍・・・主人公ならずとも、ドキッ!とする
場面だね。

八光亭春輔。“はっこうていはるすけ”と読むそうだ。彦六
師匠の生前、最後に真打になった弟子、とWikiに。

これだけ頻繁に落語会や寄席に通っているというのに、
この方、お初です・・・普段、どんなところでお仕事をなさっ
ているのだろう?と、不思議。

口跡が良くて聞きやすいし、マクラにふるエピソードもたっ
ぷりとお持ちのようで、もっと、寄席にも出て欲しいなぁ。

「松田加賀」。演者同様?、珍しい噺で、もちろん初聞き。
盲人同士が道でぶつかったが、ひとりは検校、もうひと
りはぺえぺえの按摩さん。・・・恐縮して口も利けない按
摩を、怒った検校が打ち打擲。

止めに入ったのが、修験者の松田加賀。名を訊かれて、
「本郷の松田」と名乗ったところから、ちょっとした?間違
いが・・・

盲人を揶揄するようなところがある噺で、今ではなかなか
口演が難しいだろう・・・本来は、権威をかさに威張る検校
への反発なのだろうが。

口演後、立ち上がって寄席の踊りを。正蔵師もよく演って
いましたね・・・子どものころ、TVで見た記憶あり。子ども
のわたしは、「なーんだ・・・」ってガッカリしたものですが。

一朝「中村仲蔵」。仲蔵の噺を聞いたのは、たぶん、八代
目正蔵師のが最初・・・もちろん、ナマではなく、TVかレコー
ド(!)だったけれど。

一朝師は、若いころ、旅の仕事の合間に、正蔵師から直
接習ったそうで、筋立てなどは、正蔵師とまったく一緒。
雨宿りのそば屋で出会う、貧乏旗本の身なりの描写が丁
寧で、そこがとても好きです。

一朝師匠、噺の中で義父の先代片岡市蔵丈のことに触れ、
「次男の亀蔵が、今、国立でピコ太郎を演ってます」と。
・・・前日、23日には、本物のピコ太郎さんと共演したそう
posted by JTm at 10:08| 落語 | 更新情報をチェックする