2017年03月05日

2017.3.4 立合狂言会@宝生能楽堂

2017.3.4 第三回 立合狂言会・東京公演

演目
ご挨拶と解説     野村万蔵 茂山千三郎
           +善竹隆司、野村又三郎、山本則孝
小舞競演「風車」or「いたいけしたるもの」 万蔵&千三郎
狂言「附子(ぶす)」(大蔵流・大藏三兄弟)
           主人=大藏彌太郎、太郎冠者=大藏基誠、
           次郎冠者=大藏教義、後見=善竹隆司
狂言「伊文字」(和泉流・狂言やるまい会)
           主人=野村又三郎、太郎冠者=野口隆行、
           使いの者=奥津健太郎、
           女=奥津健一郎、後見=野村万蔵          
狂言「神鳴」(大蔵流・茂山千五郎家/山本東次郎家)
           神鳴=山本則孝、
           医師=茂山千三郎、後見=鈴木実
           地謡=大藏三兄弟
   (休   憩)
解説         野村万蔵、大蔵彌太郎
狂言「文山立(ふみやまだち)」(大蔵流・善竹家)
           山賊=善竹隆司、
           山賊=善竹隆平、後見=大藏基誠
狂言「附子」(和泉流・野村万蔵家)
           主人=能村晶人、太郎冠者=野村万之丞、
           次郎冠者=河野佑紀、後見=野村万蔵
附祝言「猿唄」    出演者全員

狂言の二流派、十家が揃っての狂言会である。
東京と京都で公演があり、今回の東京公演には、うち
六家の若手が出演した。

冒頭、挨拶と解説に立ったおふたりが、どうやらこの
会の“仕掛人”らしい。会の趣旨の説明などあったのち、
次の出番の大藏三兄弟以外のお家から、ひとりずつを
呼び出して、各家の“違い”を実演で。

「附子」で水あめをなめる仕草と、庫の戸を開けて盗
みに?入る場面を比較して見せた。

いやー、驚いた。こんなに違うとは!
まさに、目からウロコ。

中でも、野村又三郎さんが水あめをなめるのに、しゃ
くったしゃもじ(実際には扇)から直にではなくて、
左手に移してからなめていたのには、本当にびっくり!

そう、プログラムの最初と最後に「附子」を配したの
は、まさに、この違いを見せるため。

セリフのあれこれや演者の立ち位置、水あめをなめた
り、掛け軸や天目茶碗を壊す仕草など、違いがよくわ
かった。

特に、最後の野村万蔵家の「附子」で、ふたりの従者
が、ひとつの桶から一緒になめるのではなくて、桶の
フタを使って分けたのには、会場から「ほー・・」と
声が・・・わたしも、つい、出ました、はい。

「伊文字」「文山立」も、茂山千五郎家の公演では見
ているが、記憶曖昧でさて?・・というところ。

「神鳴」では、同じ大蔵流ながら、極端に芸風の違う
茂山家、山本家の競演。あとから、解説の万蔵さんが、
「(医師の)鍼の打ち方が派手だ」と驚いておられた
のが印象的・・・茂山家を見慣れている身には、まっ
たく違和感がなかったので。

最後、出演者全員での「猿唄」。謡の節回しも微妙に
異なるようで、若干、ん?と思わないでもなかったが。

自分の信じるものはもちちろん大事にするけれど、だ
からと言って、他の人の信じるものを決して否定せず、
同じように尊重する・・・

伝統芸能には、そんな、寛容の精神が生きている。
宗教や政治には、決して出来ないことかもしれない。
・・・最後の「猿唄」を聞きながら、ふとそんなこと
を考えてしまった。

そして、この公演があまりにも楽しかったので・・・
19日の京都公演のチケット、買っちゃいました。(てへっ)

最後に撮影タイム・・・カメラなかったから、この程度。
京都には、カメラ持って行きます。
0304(1).jpg
posted by JTm at 09:47| 狂言 | 更新情報をチェックする