2017年03月16日

2017.3.15 落語坐・こみち堂@国立演芸場

2017.3.15 落語坐・こみち堂X −柳亭こみち独演会−

演目
柳家あお馬      やかん
柳亭こみち      熊の皮
  〃        鉄火のお千代
  (仲 入 り)
三遊亭白鳥      三遊亭花誕生(「落語の仮面」第一話)
柳亭こみち      稽古屋
         (三味線:太田その・・たぶん)

毎回、満員御礼だったこの会、今回は、他の会と
被ったこともあって、空席がちらほら。前の席が
ちょうど空いていたので、わたしにはラッキー。

あお馬「やかん」。無理なく、そつなく、ではあ
るのですが・・・うーん。頑張れ、青年!

こみちの前二席。
「熊の皮」。以前からのお得意ネタだが、おかみ
さんが、甚兵衛さんに、歌で口上を教える場面が
増えて、可笑しさ倍増。・・・このおかみさん、
サイコーです。

「鉄火のお千代」。白鳥作。「大工調べ」みたい
な啖呵を切りたいと注文して書いてもらった噺だ
そうだ。

初めての噺なので、筋を追うだけでいっぱいだっ
たから、とやかくは言わないけど・・肝心の啖呵
が・・・うーん、いまひとつ。

ゲスト・白鳥「三遊亭花誕生」。聞きたい聞きた
いと思っていた『落語の仮面』第一話に、まさか
ここで出合えるとは!・・・嬉しい限り。

しかしなぁ・・・想像以上の馬鹿らしさで、もう
笑うっきゃない。そして、この第一話で、主要登
場人物の人物像が、しっかりと確立していること
に感心した・・・こみちさんが言う通り、この方、
天才です(決して天災ではなく、ね)。

こみち「稽古屋」。昨年、音曲噺の会で聞いたの
とほぼ同じフルバージョン。踊りのお稽古の場面
で、道成寺の手鞠唄を踊っているお嬢ちゃんが、
なんか、目に見えるようです。


この最後の噺の時に聞こえた唄声から、三味線は
その師匠と見当をつけたけれど、確認は出来なかっ
たので、違ってたらごめんなさい。

それにしても、こみちさん、昇進後の名前がまだ
決まらないって・・・燕路師匠、ご決断を!
posted by JTm at 09:20| 落語 | 更新情報をチェックする