2017年03月17日

2017.3.17 映画 文楽「冥途の飛脚」@東京都写真美術館

2017.3.17 映画 文楽「冥途の飛脚」

監督=マーティ・グロス
音楽=武満 徹
1979年制作、2011年デジタルリマスター
出演
淡路町の段 
   太夫=五世竹本織太夫(のち、五世竹本源太夫)
   三味線=五世鶴澤燕三
封印切の段
   太夫=四世竹本越路太夫
   三味線=鶴澤清治
新口村の段〜『恋飛脚大和往来』より〜
   太夫=九世竹本文字太夫(のち、七世竹本住太夫)
   三味線=四世野澤錦糸
 <人形役割>
   忠兵衛=初代吉田玉男、梅川=三世吉田蓑助、
   八右衛門/孫右衛門=二世桐竹勘十郎、
   妙閑=吉田文雀  外

先月の文楽公演の時、半蔵門駅近くで、雪の降る中、
配っていたチラシ・・・なぜ、劇場に置いてもらわ
なかったのかな?・・・に釣られて見に行く。

チラシにも書かれていたが、上記に記した出演者は、
全員が、その時かその後、人間国宝に認定されてい
る方ばかり・・・そして、そのほとんどが、故人だ。
(ご存命の方は3名。さらに現役は2名だけ)

この時代に、文楽に“目覚めて”いなかった者として
は、まさに、よくぞ記録してくださいました!である。

それを成し遂げた監督が、カナダ人というのにも驚
いた。日本人より日本の伝統に関心を持つ海外の方
は多いけれど、特設舞台を作って、これだけの豪華
メンバーを揃えて、映画を撮ってしまうなんて・・・

残念ながら、多くの出演者は、わたしには未知の方
であったが、その、至芸の一端を、確かに感じ取る
ことが出来た、と思う。

幸せな体験だった。

恵比寿ガーデンプレイス内の東京都写真美術館ホー
ルで、31日まで上映中。連日、10:20〜。
21(火)、26(日)、27(月)はお休み。
posted by JTm at 21:10| 映画 | 更新情報をチェックする