2017年03月20日

2017.3.19 立合狂言会@金剛能楽堂

2017.3.19 第三回 立合狂言会・京都公演

演目
ご挨拶と解説    茂山千三郎、野村万蔵
          +井上松次郎、善竹富太郎
小舞競演「幼けしたるもの」「風車」 千三郎&万蔵
狂言「鶏聟」(大蔵流・茂山忠三郎家)
          聟=山本義之、舅=岡村宏懇、太郎冠者=新島健人、
          教え手=茂山良暢   後見=善竹大二郎
          地謡=茂山千三郎、島田洋海、鈴木 実、山下守之
狂言「佐渡狐」(和泉流・狂言共同社)
          佐渡ノ百姓=鹿島俊裕、越後ノ百姓=今枝郁雄、
          奏者=井上松次郎   後見=野村万蔵
狂言「寝音曲」(大蔵流・善竹十郎家)
          太郎冠者=善竹大二郎、
          主人=善竹富太郎   後見=茂山千三郎
  (休   憩)
解説        茂山千三郎、野村万蔵
狂言「呂蓮」(和泉流・三宅狂言会)
          旅僧=三宅右矩、宿の主人=高澤祐介、
          妻=前田晃一     後見=野村万蔵
狂言「佐渡狐」(大蔵流・茂山千五郎家)
          越後の国のお百姓=鈴木 実、
          佐渡の国のお百姓=島田洋海、
          都の奏者=茂山千三郎   後見=山下守之
附祝言「猿唄」   出演者全員

東京公演が楽しかったので、京都行くついでがある
からと、チケットを取ってしまった。
ギリの購入だったので、席は端っこ。それよりなに
より、京都で泊まるところがなくて・・・

ま、それはさておき。

冒頭のご挨拶と解説は、東京公演同様。実演は、水
あめをなめる仕草と、ニワトリの鳴き声。・・やっ
ぱり、派手なんです、茂山千五郎家。

そして、東京でビックリした野村又三郎さんの水あ
めのなめ方・・いったん、左手にとってなめる・・
は、同じ名古屋の和泉流・狂言共同社の井上松次郎
さんも同じ。・・学校公演だと、「あのあと手を洗
わなかった!」と子どもたちに叱られるそうです。

今回は、「佐渡狐」が比較演目。
和泉流の「佐渡狐」は、初めて見たが、冒頭に都の
奏者が登場して名乗りを上げたので、ちとビックリ。

茂山千五郎家では、ふたりのお百姓が先に出ます。
あと、佐渡に狐が居る、いないの判定をする際の、
三人の位置関係が、まったく違う・・・やっぱり、
派手なのは、茂山千五郎家。

そして、奏者に賄賂を贈る場面で、佐渡のお百姓役
の島田さんが、「ちかごろよくある話」とアドリブ
を入れたのは、万蔵師も驚いていたようだ。

「鶏聟」「寝音曲」は、茂山家で何度も見ている演
目。また、「呂蓮」は、つい先ごろ、外ならぬ野村
万蔵師の僧役で見たばかり。

おそらく、細かな違いはあるのだろうが、やはり、
一緒に見ないとね・・・

東京公演が、4時半過ぎに終わったから、こちらも
同じだろう・・・と思って、帰りの新幹線を手配し
ていたのだが、京都公演はさらに30分長く・・・

終演後は、大慌てで京都駅にすっ飛んだ。
というわけで、今回も、記念撮影はまだ途中の場面
のみ。
 IMG_0907.JPG
 IMG_0909.JPG
      あ、万蔵さん、横向いちゃった・・・ 
posted by JTm at 14:36| 狂言 | 更新情報をチェックする