2018年01月16日

2018.1.16 国立劇場新春歌舞伎公演

2018.1.16 国立劇場新春歌舞伎公演

演目
通し狂言「世界花小栗判官(せかいのはなおぐりはんがん)」四幕十場
 発 端(京)     室町御所塀外の場
 序 幕<春>(相模) 鎌倉扇ヶ谷横山館奥庭の場
            同       奥御殿の場
            江の島沖の場
  (休   憩)
 二幕目<夏>(近江) 堅田浦浪七内の場
            同  湖水檀風の場
  (休   憩)
 三幕目<秋>(美濃) 青墓宿宝光院境内の場
            同  万屋湯殿の場
            同    奥座敷の場
  (休   憩)
 大 詰<冬>(紀伊) 熊野那智山の場
  (配役)盗賊風間八郎=尾上菊五郎、小栗判官=尾上菊之助、
      照手姫=尾上右近、漁師浪七=尾上松緑、
      細川政元・万屋お槙=中村時蔵、鬼瓦の胴八=片岡亀蔵、
      浪七女房小藤・万屋お駒=中村梅枝  外

馬が活躍?する物語からだろうか、開幕時、暗くした
場内に馬頭琴の音が響き、舞台では、銀河を流れる星
の中から、馬の姿が・・・(チンギス汗か!?)

発端で父を殺された小栗判官が、許婚の照手姫ととも
に、父を殺しお家の重宝を奪った盗賊を探し求める。

彼らを助ける者あり、妨害する者あり、また、その目
的とはまったく関りがないのに、知らない内に渦中の
人となる者も。

派手な立ちまわりあり、チャリ場あり、女の嫉妬と恨
み、果ては幽霊まで登場するという・・・まさにサー
ビス満点というか、やりたい放題というか・・・

色々とツッコミたいところは、多々あれど、まあ、別
にいいか・・と、許せてしまうのが、歌舞伎の楽しさ
だねぇ。

そんなことを、再確認させてくれた新春の歌舞伎。
楽しゅうござんした。

先月は岳父の吉右衛門丈と一座した菊之助丈が、今月
は実父の菊五郎丈と。見た目の美しさ、口跡の良さ、
惚れ惚れする男っぷり。

・・お父上には申し訳ないが、この人が八代目になる
日を、なんとか見たいもの・・と思ってしまった。

そして、松緑丈が、11月の坂崎出羽守役に次ぐ好演。
二幕目の後半、舟の櫂や網を用いての立ち回りは、昔
見た、先代辰之助(三代目松緑を追贈)丈の「蘭平物
狂」を思い出し、大いに懐かしかった。

この場面と、序幕の小栗判官の馬の曲乗りの場面、三
階さんたちの活躍に、大きな拍手を贈りたい。

※1/25追記。
名馬「鬼鹿毛」を演じたのは、坂東八重之、尾上音之助、尾
上音蔵、坂東橘助の4名である由(おそらくは、2名ずつの
交互)。この公演での国立劇場賞特別賞を受賞されたとのこ
と。おめでとうございます!
posted by JTm at 21:43| 芝居 | 更新情報をチェックする