2018年01月28日

2018.1.27 番楽@国立小劇場

2018.1.27 国立劇場民俗芸能公演 番楽 第二部

演目
根子番楽(ねっこばんがく) 根子番楽保存会(秋田県北秋田市)
 口上
 露払い
 翁舞(おきなまい)
 敦盛(あつもり)
 三番叟(さんばそう)
 信夫太郎(しのぶのたろう)
  (休   憩)
 作祭り(さくまつり)
 鞍馬
 曽我兄弟
 鐘巻(かねまき) 

昨年秋に、能楽堂での黒川能公演を見た時、山形県に
伝わるこの芸能のルーツのひとつが、隣県・秋田に伝
わる「番楽」であるかも?との知識を得た。

で、たまたまその時にチケット発売中だったこの会を、
ついつい、購入してしまった次第。

「番楽」は、神楽の一種に分類される芸能で、かつて
は、山伏が携わっていたと考えられている。

その中で、今回見た根子番楽は、秋田県北秋田市阿仁
の根子集落に伝承される。この地域はいわゆるマタギ
の里であり、番楽を担ってきたのもその人々である。

息災延命を祈る神楽の定番の演目に加えて、長刀や刀
を勇ましく振り回す、勇壮な演目が多いのは、狩猟を
生業とする人々の芸能であることの証、かもしれない。

今回の上演演目のなかでも、「敦盛」「信夫太郎」
「鞍馬」「曽我兄弟」「鐘巻」などが、合戦の様子を
語る舞であったり、兵法比べの様子を伝えたり、仇討
ち修業の様子を見せたりと、激しい動きの活発な舞で
ある。

わたしが一番面白かったのは「鞍馬」で、これは、牛
若丸と弁慶が兵法比べをする物語だ。

舞台が京の五条の橋の上ではなく、鞍馬の山中とだっ
たのは、ちと、「?」ではあったけれど。

それでも牛若丸は、「ここと思えはまたあちら」の身
軽さで弁慶を翻弄し、最後はなんと、弁慶の持つ長刀
の柄の上に乗ってしまう・・

牛若役は、もちろん子どもさん・・たぶん、小学生だ
ろう。この少年ばかりでなく、冒頭の「露払い」にも、
子どもたちが登場し、大活躍。

プログラムの解説によれば、昭和39(1964)年から地
元の小学生全員に、番楽を教える活動が始まり、その
“卒業生”の中から、今を担う指導者が誕生している由。

そして、演者ばかりでなく、客席を埋めた観客の方も、
かなりの部分、地元からの「応援団」だったのではな
いかな・・・?

地元に伝わる芸能を大切にし、みんなで応援して、次
代に伝えて行こうという意気込みが大いに感じられる、
すてきな公演であった。
posted by JTm at 14:57| 雑記 | 更新情報をチェックする