2018年01月31日

2018.1.30 鈴本演芸場下席・夜の部(その2)

2018.1.30 鈴本演芸場下席・夜の部(主任・馬玉)

演目
金原亭小駒      道具屋
金原亭馬久      元犬
翁家社中       (太神楽曲芸)
桂 三木助      だくだく
柳亭燕路       やかんなめ
ホンキートンク    (漫才)
三遊亭歌武蔵     (漫談)相撲随談
入船亭扇遊      天狗裁き
  (仲 入 り)
のだゆき       (音楽パフォーマンス)
古今亭文菊      紙入れ
林家二楽       (紙切り)羽根つき、バレンタイン、西郷どん
金原亭馬玉      品川心中(上)
         (三味線:しん、えり)

小駒「道具屋」。最後、お雛様の首が抜けます、で
落としたけど、ちょっと急ぎすぎ?なんだか唐突に
終わっちゃった。

馬久「元犬」。戌年だけあって、今年になって遭遇
率、かなり高し。余談だが、白い犬に父親役を振っ
たCMの企画者は、もしかしたら落語好きなんだろ
うか?

三木助「だくだく」。いつもの「血が流れたつもり」
の後にオマケの付くサゲ。絵描きの先生がお隣の住
人だった・・というのが伏線になっている。

燕路「やかんなめ」。早春の情景が目に浮かぶ、季
節先取りの噺・・・それにしても、喜多八師匠を思
い出すなぁ。

歌武蔵。初場所が終わったので、その雑感・・話題
は多いからねぇ。

扇遊「天狗裁き」。にこやかだった大天狗が、突然
に豹変して怖い顔に・・・鮮やかな対比。

のだゆき。ちょっと、曲目が変わったかな?

文菊。先日は予定外の休演だったが、どうやらイン
フルだったらしい。全快おめでとう。
「紙入れ」。おかみさん、あまりにお色気過剰。

馬玉「品川心中」。板頭だったのに“凋落”して朋輩
に馬鹿にされているお染の、悔しさとプライドが、
真正面から伝わって来て、笑いの多い中にもどこか
鬼気迫る思いの前半・・・それだけに、捨て台詞の
「今まで失礼!」が効いてくる感じだ。

二回来たけれど、いずれも客席はそこそこの入り。
正月明けで苦戦する?1月下席としては上々かと。
posted by JTm at 09:12| 落語 | 更新情報をチェックする