2018年03月17日

2018.3.16 国立劇場三月歌舞伎公演

2018.3.16 国立劇場三月歌舞伎公演

演目
「増補忠臣蔵ー本蔵下屋敷ー」(一幕二場)
 第一場  加古川家下屋敷茶の間の場
        浄瑠璃=竹本蔵太夫、三味線=鶴澤翔也
 第二場  同      奥書院の場
        浄瑠璃=竹本愛太夫、三味線=鶴澤慎治
  (配役)桃井若狭之助=中村雁治郎、加古川本蔵=片岡亀蔵、
      井浪伴左衛門=市村橘太郎、三千歳姫=中村梅枝 外
  (休   憩)
「梅雨小袖昔八丈-髪結新三-」(三幕六場)
    河竹黙阿弥=作、尾上菊五郎=監修
 序 幕  白子屋見世先の場
      永代橋川端の場
  (休   憩)
 二幕目  富吉町新三内の場
      家主長兵衛内の場
      元の新三内の場
 大 詰  深川閻魔堂橋の場
  (配役)髪結新三=尾上菊之助、家主長兵衛=片岡亀蔵、
      家主女房お角=市村橘太郎、手代忠七=中村梅枝、
      弥太五郎源七=市川團蔵、白子屋お熊=中村梅丸、
      白子屋後家お常=市村萬次郎  外

「増補忠臣蔵」。増補というのは、本篇には登場しない
脇筋のエピソードという意味だそうで、現代風に言えば、
忠臣蔵スピンオフというところだろうか。

忠臣蔵九段目、山科閑居の場に、松の廊下で塩冶判官を
抱き止めた桃井家家老の加古川本蔵が登場して、大星の
息子・力弥に討たれる。


ここの本蔵の登場は、よくよく考えてみると、なんか、
唐突じゃないかい?・・・という疑問の解答の物語だ。

師直を討とうと考えたのに、家老の本蔵が、密かにまい
ないを贈ったためその機を得られず、松の廊下以降、
「へつらい武士」と陰口を言われている若狭之助。

殿様の怒りは本蔵に向かい、本蔵は自ら、下屋敷に蟄居
している。その屋敷内には、若狭之助の妹で判官の弟と
許婚の間柄の三千歳姫もかくまわれている。
(今風に言うと、マスコミから隠れている・・というところか)

そこへ、若狭之助がお成り・・との知らせ。
いったい、なに?・・と色めき立つ屋敷内。三千歳姫に
横恋慕する伴左衛門は、この機に乗じて、お家乗っ取り
を画策するが・・・。

最後、本蔵を死罪にすると言いながら、実は伴左衛門の
悪事を暴く若狭之助に、つい、先日見たばかりの、某T
Vドラマの最終回を思い出したのは、我ながら苦笑せざ
るを得なかった。

そして自らの心情を語る若狭之助のセリフ・・・
「へつらい武士は数多いる」・・うん、最近では財務省
辺りに、多く生息しているようだ。

閑話休題。
本蔵の処罰は済んだと、若狭之助は言い、本蔵に虚無僧
の身支度をしてやり、師直邸の絵図面を渡す・・そうか、
それで!・・・と、山科に突然本蔵が登場する謎が、見
事に解けたのだった。

「梅雨小袖昔八丈」。こちらは2015年に芝翫(当時は
橋之助)丈の主演で上演したものと、ほぼ同じ内容。

新三役の菊之助丈・・・いい男すぎ!
なんか、落語「雪とん」のお祭り佐七を思わせるなぁ・・・
これじゃ、お熊は、「親指と人差し指、指二本で」あっ
さりと、忠七から乗り替えちゃうんじゃないかい?

そして、その分、ワルの要素に乏しい感が・・・無きに
しも非ず。まあ、このあたりは次に期待としておく。
なにせ、尾上菊五郎家にとっては、まさしく「家の芸」
ですからね。今後も、見る機会は多そうだ(って、国立
で演ってくれないとダメなんだけどね)。

「忠臣蔵」で敵対する武士を演じた亀蔵・橘太郎両丈が
こちらでは大家夫婦に扮して、コミカルな演技を見せる。
達者な脇役無くして、芝居は成り立たない・・というこ
とを、体現して見せた。

お熊役、梅丸丈がなんとも可愛らしい娘振り。
最近の若手はよく知らないので調べてみたら、梅玉丈の
部屋子で、21歳。歌舞伎のお家の出ではなく、ご両親は
ともに出版関係のお仕事とか。

梨園外から人気役者になった女形には、坂東玉三郎丈と
いう素晴らしい先輩もあることだし、今後、ますますの
ご活躍を期待したい。

もうひとり、若手も若手、今年5歳になる、菊之助丈の
長男、寺嶋和史くんが、新三を呼びに来る小僧さんの役
で、登場している。

こちらは、当代の菊吉を祖父に持つ、サラブレット中の
サラブレットだ。今から活躍を期待などと書くのは、さ
すがに早すぎるけれど、一生懸命芝居振りを演じて、と
ても可愛らしく、客席からは大きな拍手。

お父さんと手をつないで、袖に入って行く背中は、親子
共にほっとした様子に見えた。
posted by JTm at 10:36| 芝居 | 更新情報をチェックする