2018年04月27日

2018.4.26 八光亭春輔独演会@赤坂会館

2018.4.26 八光亭春輔独演会

演目
柳家あお馬      出来心
八光亭春輔      かつぎや
  (仲 入 り)
八光亭春輔      文七元結

あお馬「出来心」。前半の間抜け泥のくだり。
前座4年目とのこと・・もはや、余裕のおしゃべり。
すっと力の抜けた感じは、師匠譲りか。

春輔師匠は、遅く来た落語ファンのわたしにとって
は、昨年、突然に“出現”した感がある。いったい、
今まで、どこでどうしておられたのか?
御年70歳にして、大ブレイクという快挙。

「間に企画者が入っての独演会は初めて」と言って
おられたが、ご自分の会は、地道に続けておられた
のだろうな。

その二席。
「かつぎや」。この噺は、縁起かつぎの旦那に、店
の者たちが、わざと?というほどの縁起の悪い言葉
を繰り返す、前半部分が断然面白いな。

後半、調子の良い宝船売りが登場してからは、ざる
屋と同工異曲・・・・祝儀、持って来な!

「文七元結」。冒頭、快調にスタートしたが、長兵
衛と佐野槌の女将の会話あたりから、話に繰り返し
が増えて、妙に間延びした感がある。

・・・もしかすると、大事な部分がひとつ抜けそう
になって、リカバリーに苦労しておられたかな?

結局、口演時間は1時間・・さすがに、ちとダレた。


音源で聞く、八代目正蔵(彦六)師によく似た語り
口・・どっちかというと硬い感じなので、文七のよ
うな“世話物”風の噺より、講釈ネタのような噺の方
が向いているかも?・・・生意気言ってすいません。
posted by JTm at 09:10| 落語 | 更新情報をチェックする