2018年04月28日

2018.4.27 小さん孫弟子三人会@内幸町ホール

2018.4.27 小さん孫弟子三人会
      -五代目小さん師匠を語る会-

演目
春風亭一猿      一目上り
入船亭扇辰      野ざらし
柳亭左龍       花見の仇討
  (仲 入 り)
「五代目小さん師匠を語る座談会」
   (下手から)甚語楼、左龍、扇辰
柳家小菊       (粋曲)
柳家甚語楼      お見立て
        (三味線:柳沢きょう)

一猿。このところ遭遇率高し。デキる前座の証拠。
「一目上り」。明るくさらっと・・師匠譲り。

扇辰「野ざらし」。一番手でこの噺を演って(しか
も入りが薄い中で)、客席をこれだけ引き込める人
は、あまりいないだろう。爆笑。

左龍「花見の仇討」。花が早かった今年は、やや時
季遅れの感じだが。

あくまで遊び気分でチャンチャンバラバラやってい
る三人のところへ、対照的に真剣そのものの侍が乱
入?して、一気に緊迫感が高まる・・・表情の変化
も愉快、愉快。

小菊。キンライ節、都々逸×2、さのさ×3、腹の
立つときゃ、きりぎりす、品川甚句。

甚語楼「お見立て」。純情すぎてウザい杢兵衛お大
尽、ドライでわがままな喜瀬川花魁、間でうろうろ
する若い衆の喜助と、三者の個性が際立つ一席。

喜瀬川が「今日は出られないので、他の女をお見立
てください」という喜助のセリフ、サゲへの伏線と
して、上手いなぁと思った。

仲入り休憩後の座談会では、三人それぞれの「小さ
ん師との初対面」についての思い出、前座時代の楽
屋でのエピソードなどが語られた。

自分でお茶を淹れるのが好きで、時には前座にまで
淹れてくれた、一日運転手を務めたら帰る時に深々
とお辞儀をして見送ってくれた・・等、まさに、お
人柄を偲ばせる話ばかり。

「怒るとものすごく怖いけど、すぐに機嫌が直る」
「だから、度重なると慣れちゃって平気になっちゃ
う・・中にはタメぐち利く孫弟子もいて・・」
・・・うーん、おじいちゃんと孫の関係と一緒だね。


この顔付けなのに!?・・と驚くほど、申し訳ない
くらいゆったりとした客席・・・でも、そのおかげ
で大変贅沢なひとときを過ごさせていただいた。
感謝。     
posted by JTm at 09:45| 落語 | 更新情報をチェックする