2018年05月17日

2018.5.16 小さん孫弟子五人会@内幸町ホール

2018.5.16 小さん孫弟子五人会

演目
柳亭市若      道灌
柳家小八      やかんなめ
柳家甚語楼     本膳
入船亭扇辰     藁人形
  (仲 入 り)
柳亭左龍      鹿政談
柳家喬太郎     残酷な饅頭怖い
         (三味線:太田その)

市若「道灌」。やっばり、声、デカい・・・。

小八。孫弟子じゃなくて、ひ孫弟子だったのに・・
という話題から、喜多八師匠の思い出話を。三回忌
ですね。
「やかんなめ」。まんま、喜多八テイスト。

甚語楼。自分もまた、ひ孫弟子、と。権太楼師匠が、
もともと小さん門下のつばめ師匠に弟子入りしたか
ら・・と、前回の孫弟子三人会でも話題になった。

ただ、権太楼師は前座時代に小さん門下に移籍して
るから、小八師に比べたらずっと、“孫弟子度”?が
上じゃないかな。(小八さん、ごめん)

「本膳」。村人たちが先生なる人物のところに、
「お願いがあって・・」とやって来るところから始
まった。え、なんの噺?・・という感じだったが、
なかなか本題に入らない、村人の長いおしゃべりが、
妙に可笑しかった。

扇辰。あ、お辞儀がいつもと違う・・・両手を拳に
して、大きく広げてつく・・小さん師匠のお辞儀。
(権太楼師匠もこのかたち)

マクラなしで、すっと入ったのは「藁人形」。笑い
の少ない噺なのに、客席がぐんぐん引き込まれて行
く感じ・・師匠、演っていて、気持ちよかっただろ
うなぁ。聞き終えて、しばし、ぼんやりしてしまう
ほど・・・素晴らしかった。

左龍「鹿政談」。お白州の場で、鹿の餌料を着服?
していた塚原出雲をキッ!と睨む、お奉行・松野河
内守の眼光の鋭さに感服。ここでは豆腐屋さんは、
ただの狂言回し。
  IMG_2654.JPG 奈良・三作石子詰の旧跡

喬太郎「残酷な饅頭怖い」。ごくフツーな饅頭怖い
だと思って聞いていたら、なんだか次々に人が死ん
で行く・・という・・・。

そんな噺なのに、なぜか笑ってしまうのは、落語・・
だからなんだろうなぁ。
posted by JTm at 08:48| 落語 | 更新情報をチェックする