2018年05月30日

2018.5.29 桂吉坊×木ノ下裕一ふたり会@浅草見番

2018.5.29 凸凹伝芸教室 桂吉坊×木ノ下裕一ふたり会

演目
ご挨拶とオープニングトーク   桂 吉坊
                木ノ下裕一
落語「皿屋敷」         桂 吉坊
  (仲 入 り)
歌舞伎トーク「番町皿屋敷」   木ノ下裕一
まとめ?トーク         桂 吉坊
                木ノ下裕一
 (三味線:恩田えり、鳴物:柳家花ごめ、金原亭小駒)

土曜日に続く浅草見番だが、客筋がまったく違う・・・
若い女性、多数。

木ノ下裕一氏は、「古典演目の現代的上演を行う」、木
ノ下歌舞伎の主催者。月末まで上演中のコクーン歌舞伎、
「切られの与三」でも補綴を担当。

わたしは、三年前に一度、「三人吉三」を見ている。⇒

このおふたりの会は、今まで何度か開かれているようだ
が、この会場で、この主催者で行われるのは初めてだそ
うで、今後も続く・・予定とのこと。ぜひ、お願いしたい。

吉坊「皿屋敷」。今回のテーマが、落語と歌舞伎のお菊
さんなので、まずは落語から。

東京では「お菊の皿」と呼ばれる噺だが、元は上方落語
なのかな。舞台は姫路(播州)で、青山鉄山は、姫路の
代官という設定。皿屋敷は、今は車屋敷と呼ばれている
・・調べたら、姫路城の車門近くにあるから、だそうだ。

伊勢参り帰りの男が、三十石船で皿屋敷のことを知らず
に恥をかいた・・というところから、丁寧に演じた。

お菊さんの人気が高まって、観客が増え、演技?がクサ
くなる・・などというのはお江戸版と一緒だが、興行師
は登場しなかった。

お菊は二度の登場だが、いずれも鳴物が入って、一度目
は淋し気に、かつ、不気味に。そして、二度目は見事な
芝居振りで。サゲは「風邪だから明日休むの」と。

木ノ下裕一「歌舞伎トーク」。歌舞伎の「番町皿屋敷」
は、岡本綺堂作で、大正5年に、二代目市川左團次、市
川松蔦の顔合わせで初演。ジャンル?としては新歌舞伎、
である。

お菊伝説は、各地にあるそうで、皿が一枚無くなる原因
もいろいろ、中にはお菊が粗忽で割ってしまう・・とい
うのもあるとか。

岡本綺堂版は、殿様・青山播磨は、純粋にお菊を愛して
いたが、身分違いの恋なので、不安にかられたお菊が、
播磨の心を試すべく、皿を割った・・ということになっ
ている。(これ、落語「厩火事」みたい)

鉄山の横恋慕が原因となる落語と比べ、より、現代(と
言っても大正時代の)的に、人の深層心理を扱う内容と
なっているようだが・・・うーん、正直、歌舞伎では見
たくないなぁ・・・あまりに暗すぎる。

木ノ下歌舞伎で上演したら、どんなふうに作り上げる?
・・・そのあたり、もう少し突っ込んで聞きたかった。

最後は、吉坊師も登場して、再びふたりのトーク。
ここからは、落語の皿屋敷について、木ノ下氏が吉坊師
に聞く・・というかたち。

皿屋敷は、三代目春団治師が得意としていた噺だそうで、
鉄山がお菊を責め、最後は斬り殺す場面など、実に美し
い所作だったとのこと。米朝師から伝わった噺だが、
「春団治師匠の方がきっちり演ってはった」そうだ。

男性ながら大阪のオバチャンそのまんま、という雰囲気
の(失礼!)木ノ下氏、しゃべり出したら止まらない勢
いで、いつ終わるのか、少々、不安にかられたが、意外
に早く、きっちり2時間で終演。
posted by JTm at 09:47| 雑記 | 更新情報をチェックする