2018年05月31日

2018.5.30 入船亭扇辰独演会@国立演芸場

2018.5.30 皐月の独り看板 入船亭扇辰独演会

演目
橘家かな文      一目上り
入船亭扇辰      三方一両損
  (仲 入 り)
入船亭扇辰      お初徳兵衛
   (三味線:恩田えり、鳴物:入船亭小辰)

半蔵門線が遅れて、少し焦る・・・ゆっくりと夕飯
食べてから行くつもりだったのに、コンビニでおむ
すび買って、急いで会場へ。

かな文「一目上り」。道灌かな?と思っていたら、
掛軸の絵が雪折れ笹だった。引用する讃や詩、悟が
色々で、間違えるとさまにならないから、結構大変
な噺だ・・と思う。二ッ目のお披露目用かな?

扇辰の二席。仲入り後の「お初徳兵衛」がネタ出し。

「三方一両損」。後半がしっとりとした噺だから、
前半はカラッと威勢よく。

大工も左官もふたりの大家も、切れのよい江戸弁で、
見事な啖呵の応酬・・・比べると、大岡様は普通に
しゃべっているだけで貫禄十分。

「お初徳兵衛」。初演直後に二度ほど続けて聞いた
切り・・・4年ぶりの遭遇。ただ、このところ、小
辰さんが受け継いで演っているから、ご無沙汰した
気がしない。

以前に比べ、お初が一途な想いを貫きながらも、芸
者という“職業柄”の、男女の心の機微は、しつかり
とわきまえて、より一層「大人の女」として描かれ
ているように感じた。

二席とも良い噺だったのだが、ちと気になったこと
がひとつ。
特に「お初~」の方なんだが、「え、ここで笑う?」
と思われるような“場違い”(とわたしには思える)
なところで、何度か、笑いが起きていたこと。

感性の違いと言ってしまえばそれまでで、仕方ない
ことではあるのだが・・・でもやっぱり、なんか、
気持ち悪いんだよね・・・スイマセン。
posted by JTm at 13:57| 落語 | 更新情報をチェックする