2018年06月02日

2018.6.1 小辰の寸法@日本橋社会教育会館

2018.6.1 小辰の寸法 第4回

演目
入船亭小辰     (ご挨拶)
春風亭朝七     桃太郎
入船亭小辰     寄合酒
  〃       団子坂奇談
  (仲 入 り)
入船亭小辰     木乃伊取り

朝七「桃太郎」。一朝一門の前座さん、みなさん
演られるようですが・・・上手いね、どうも。
どこの名人か?って、思っちゃう。

小辰の三席。一席目と三席目が初演とのこと。
小辰さんの初演、聞くの久々。

「寄合酒」。鯛と鱈、数の子に鰹節、そして味噌。
味噌の真贋判定から、鰹だしが台無しになるとこ
ろまでで切った。

だしのことを知らない男が出てくるが、昔、実際
にそういうヤツが知り合いにいた。さすがに褌は
漬けなかったが・・・思い出すと余計に可笑しい。

「団子坂奇談」。昨夏は扇辰師匠で何度か聞いた
が、小辰版は、2016年以来。それもその年は1
回しか遭遇していない。

「またか」と思うほど聞いたのは、2013年と14年
のことだった。早いものです。

そんなに聞いていても、やっぱり、大声にビクッ!
としてしまう・・・悔しい。

「木乃伊取り」。マクラの「様子が良い!」から、
雲助師がネタ元と推測。当たったかな?

登場人物がきちんと整理されて、しっかり性格付
けが出来ている。下男の清蔵の、ウザいほどの忠
誠心が・・・本当にウザい。

この噺、演者にもよるが、あまり好きじゃないな
と思うこともある。でも、今回は面白かった・・・
次もそうでありますように。
posted by JTm at 04:56| 落語 | 更新情報をチェックする