2018年06月08日

2018.6.7 鈴本演芸場上席・昼の部

2018.6.7 鈴本演芸場上席・昼の部(主任・小ゑん)

演目
林家やまびこ        転失気
古今亭駒次         ガールズトーク
松旭斎美智、美登      (奇術)
林家しん平         初天神
古今亭菊丸         子ほめ
ひびきわたる        (漫談)
春風亭一之輔        唖の釣り
宝井琴調          (講談)愛宕の春駒
ロケット団         (漫才)
林家彦いち         熱血怪談部
  (仲 入 り)
ストレート松浦       (ジャグリング)
柳家小八          旅行日記
春風亭正朝         紀州
柳家小菊          (粋曲)
柳家小ゑん         銀河の恋の物語
            (三味線:しん、その)

前日に引き続き鈴本。今度は昼の部。
最近の寄席の常だが、昼の方が入りが良い。たとえ
平日でも。「まともな人は仕事してる時間ですよ」
と、出演者にからかわれつつ。

やまびこ。噺を聞くのは初めて・・のようだ。
「転失気」。童顔なので、小僧の珍念がよく似合う。

駒次「ガールズトーク」。新しい噂話になるたびに
聞き手が見せる、好奇心丸出しの笑顔が愉快。

しん平「初天神」。しん平師のこの噺はお初かな?
お弟子のあんこさんのは何度も聞いたが。金坊が、
常よりもさらに理屈っぽい感じ。飴屋まで。

菊丸「子ほめ」。午前中の疲れが出て?途中で意識
喪失。すいません。最後、サゲ寸前で時間切れ。

一之輔「唖の釣り」。この噺の与太郎は、意外に頭
がいいんじゃない?と感じたんだけど・・・違う?

琴調。寛永三馬術より、「愛宕の春駒」。颯爽と階
段を上りきる間垣平九郎よりも、上り切れずに落ち
た三人と三頭が、とっても気になって、なんか落ち
着かない。

彦いち「熱血怪談部」。ちょっと行き過ぎるくらい
の熱血顧問・・・まさか、「潰してこい!」なんて
言わないだろうなぁ。

ストレート松浦。シガーボックスに新わざ!

小八「旅行日記」。なんか、ますます喜多八師に似
てきた・・・嬉しいけれど、コビーじゃダメだよ。

正朝「紀州」。途中に入るあれこれが、面白かった
という記憶があるが・・・さて、何だっけな?一晩
寝たら、さっぱり・・・。

小菊。梅は咲いたか、並木駒形、寄席スタンダード
ナンバーへの8番、茶っ切節、きりぎりす、都々逸、
気前がよくて、上げ汐。

小ゑん「銀河の恋の物語」。題名だけは知っていた
が、なかなか遭遇できなかった噺で、この一席だけ
で、行った甲斐があろうというもの。

ただ、織姫と彦星が、七夕の短冊の願い事の査定を
する・・という展開は、予想していたのとはちょっ
と、違っていたけどね。

でも、中学生の女の子の可愛いお願いが、どうやら
かなえられそうで、嬉しい結末。そして、この女の
子が、ちょっとウザそうな父親を、決して嫌がって
いない・・・というのは、良いなぁ。

ひとつ残念だったこと。客席中ほどにいた、年配の
女性ばかりの団体が、トリの前に一斉に帰ってしまっ
たこと。時間の都合なんだろうけれど・・あと30分、
なんとかならなかったのかねぇ。
posted by JTm at 09:59| 落語 | 更新情報をチェックする