2018年06月18日

2018.6.17 三三・左龍の会@内幸町ホール

2018.6.17 第88回 三三・左龍の会

演目
三三&左龍       (オープニングトーク)
桃月庵ひしもち     転失気
柳亭左龍        蝦蟇の油
柳家三三        小田原相撲
  (仲 入 り)
柳家三三        やかん泥
柳亭左龍        祇園祭

入場時に配られたチラシ類の中に、いつもの三三師
手作りのプログラムがなかった・・まもなく、前座
のひしもちさんが、客席に配付。まだ温かい。

ということで、冒頭のトークは、コピー機を相手の
奮戦について。そして、時間に几帳面な左龍師と、
意外にルーズな三三師と某・・師匠のこと。
左龍師、立前座時代のご立腹。

ひしもち「転失気」。1年ぶりくらいだが、なにや
ら自在に語ってる感じ。セリフが変わるたびに、表
情も変化・・・雲さまに似てきた? 

左龍「蝦蟇の油」。蝦蟇の油の口上もさることなが
ら、マクラに演った啖呵売の口上が良かったな・・
寅さん、思い出します。

三三「小田原相撲」。9日に聞いたのに続き。割に
最近、ネタ下ろししたようで、今、仕込みの真っ最
中と言うところか。

悪いヤツとは知りながらも、その強さに魅了されて
しまう、“相撲バカ”雷電のキャラが、なんとも落語
的で愉快。

仲入り後の二席が、それぞれ今回のネタ出し。

三三「やかん泥」。ほとんど一朝師匠からしか聞い
たことがない噺。新米泥棒が、一朝師のそれより、
さらにお馬鹿で騒がしい。

左龍「祇園祭」(プログラムでは祇園会)。これも
また一朝師の独壇場みたいな噺。でも、内容的には、
一朝師匠とは少し違う、初めて聞くバージョン。

京都自慢の男の、「ハ・ハ・ハ」という笑い声がい
かにも奇矯で、“顔芸”と相まって、大笑いだった。

いつもより、ちょっと軽め・・かな?という感じの
第88回だったけれど、これはこれで楽しゅうござんす。       
posted by JTm at 11:24| 落語 | 更新情報をチェックする