2018年06月23日

2018.6.22 昔若手花形落語会@赤坂会館(その1)

2018.6.22 昔若手花形落語会 第一夜

演目
柳亭市若         道灌
入船亭扇遊        夢の酒
柳亭小燕枝        ちりとてちん
  (仲 入 り)
柳家さん喬        船徳
小燕枝&さん喬&扇遊   (座談)立川左談次師の思い出
         (三味線:柳沢きょう)

「若手花形落語会」は、昭和50年代に、上野の本牧亭で
行われていた若手落語家の会なのだそうだ。メンバーに
多少の入れ替わりはあったらしいが、今回は、昭和60年
に“発展的解消”当時のメンバー、9人での会。

・・・と言っても、企画段階でそのおひとり、立川左談
次師が亡くなったため、8人の会になってしまった。

第一夜は、「上ふたりと一番下」(扇遊師談)の会。

市若「道灌」。いささか滑舌が気になるが、とぼけた味
わいは面白い。ただ、小さい会場ではもう少し、ボリュー
ム下げて欲しい。

扇遊。前述のような会の趣旨、そしてその会がどんなに
熱のある会だったかを強調。でも、一番大事なのは、こ
の会の名称・・「『昔・若手花形落語会』です。切ると
ころを間違えないように」と。(昔若手、ではないのね)

「夢の酒」。扇遊師匠では一番多く聞いている噺ではな
いだろうか。つまり、一番の得意ネタということなのだ
ろう。まさに、それにふさわしい好演で、聞きなれた噺
にもかかわらず、なんだかすごく新鮮な感じだった。

小燕枝「ちりとてちん」。小燕枝師の長い噺は、あまり
聞く機会がなかったが、それが悔やまれる。外連味皆無
で、全体にさらーっと流れて行くのに、それがもう、た
まらなく面白い。大笑い。

さん喬「船徳」。さん喬師のこの噺は、昨年5月以来。
ちょっと記憶にないんだが、だいぶ、演出を変えたので
はないか?・・・徳さんのちゃらんぽらん、叱られて逆
ギレするところなど、現代の若者を思わせたりして。

船嫌いの客が、乗る前から船酔いしているのは、以前も
聞いたかな?だけど、最終的に舟が中洲に乗り上げてし
まうというのは、初耳のような気がする・・・

なーんて、分析はどうでもいい。ただひたすら可笑しかっ
たってだけで十分。

これでおしまい、と思ったら、Tシャツ姿の扇遊師匠が
登場。亡くなった左談次師匠の思い出トークがあると。
扇遊師の司会で、小燕枝、さん喬両師からエピソードを
ひとつずつ。

左談次師を聞く機会はあまりなかったが、十分に人柄を
偲ばせる、楽しいお話だった。

ちなみに扇遊師匠が着ておられたTシャツは、左談次師
の芸歴50周年記念のものの由。「後頭部深川」「点滴
桜ヶ丘」の地口つき。

「昔・若手花形落語会」、続きは来週、26、27日。
今から、とっても待ち遠しいです。
posted by JTm at 09:39| 落語 | 更新情報をチェックする