2018年06月27日

2018.6.26 昔若手花形落語会@赤坂会館(その2)

2018.6.26 昔若手花形落語会 第二夜

演目
金原亭駒六        元犬
鈴々舎馬桜        紙屑屋
古今亭志ん橋       天災
  (仲 入 り)
五街道雲助        千両みかん
雲助&志ん橋&馬桜   (座談)立川左談次師の思い出
         (三味線:柳沢きょう)

駒六「元犬」。以前に比べ、ぐっと線が太くなっ
た感。馬生師匠そっくり!からも、脱しつつあり。

馬桜。右脚の壊死性筋膜炎で闘病しておられたと
のことで、見台と膝隠しを使っての高座。調べた
ら、なんか、すごく怖ーい病気みたい・・お元気
になられて何よりです。⇒

若旦那が居候先を出て、先方の親方に手紙を渡す
ところで、「どっちにします?湯屋番?紙屑屋?」
・・久しぶりだから、と、「紙屑屋」へ。

噺は結構だったが、見台があると、仕草が難しい
ようだなという印象。上方の演者なら慣れている
のだろうけれど。

志ん橋「天災」。ごくごく真っ当な、それでいて
パワーのある、面白い噺だった。主人公の八五郎
は、ハチャメチャで乱暴者だが、筋の通った感じ
がある・・・矛盾してる?

雲助「千両みかん」。雲助師のこの噺は、昨夏以
来。みかん問屋・千惣の番頭が事情を聞いて、「そ
れなら、このみかんは差し上げましょう」と言う。

人の生命がかかったものを商売にはしない、とい
うことなのか?・・・そして、相手が「どうして
も」と言えば、遠慮なく“正統な”商売に。
・・・浪速商人の心意気、ですかね?

終演後は、やっぱり左談次師の思い出トーク。
同じ立川流の兄弟弟子だった馬桜師の司会で。

芝居の立女形だったそうで・・・そう言えば、か
わら版のクイズに写真があったっけ。

「いい人だけれど酒癖は悪かった」は、全員の一
致した意見だった。
posted by JTm at 10:15| 落語 | 更新情報をチェックする