2018年06月30日

2018.6.29 古今亭菊志んThe東京マンスリー@お江戸日本橋亭

2018.6.29 古今亭菊志んThe東京マンスリー

演目
菊志ん&瀧口雅仁     (ご挨拶と解説)
橘家門朗         元犬
古今亭菊志ん       湯屋番
  〃          (今までの「乳房榎」)
  〃          乳房榎(二)
  (仲 入 り)
古今亭菊志ん       お見立て

菊志ん師匠が昨年の名人長二に続き、圓朝作品に挑む
第二弾は、「乳房榎」。第一回には行けなかったが、
二回目に参加。

今回だけ会場が変わったが、個人的にはずっとこのお
江戸日本橋亭の方が助かるなぁ。

冒頭の対談は、前回公演で生じた疑問を、菊志ん師が
瀧口氏にぶつける・・というかたちで。柳島路考とい
うおきせの別名の由来になった役者が、瀬川菊之丞
(路考は俳名)・・兄弟子と同じ名?と、ちょっと驚
いておられた様子・・可笑しかった。

門朗「元犬」。三回目くらいだが、ますます“破格”の
感あり。シロくんが最後まで、犬そのまま。かたちだ
け人間になった犬。でもご隠居はのけぞって面白がる。

菊志ん「湯屋番」。副題に“101回目のプロポーズ版”
と付けたくなるような、馬鹿らしくも楽しい噺。おま
けに、なにやら、続きもありそうな??(嘘です)

菊志ん「乳房榎」。前段の「今までの~」は、なんと
重信の妻、おきせのモノローグで。こうして聞くと、
浪江に惹かれて行くおきせの心情が、少しは理解出来
るように思う。

で、今回は、南蔵院に籠って制作に励む重信を、浪江
が訪れるところから。

重信が描く龍の絵を見た浪江が、一瞬、呆然とした様
子を見せたのが、なんだか気になる・・後への伏線か?

そこだけちょっと意外な感じだったが、他はまぁ、ご
くオーソドックスな運びで、浪江が正介を脅し、蛍狩
りでの殺しに。

ところが、ここで「今回はここまで」になってしまっ
た。普通なら、この後、重信の幽霊が龍の天井画を完
成させるくだりまで、一気に行くところだ。

さて、次回、どう展開するのか・・・楽しみです。
もちろん、次回も予約済み。

菊志ん師もう一席は、「お見立て」。これもまた、実
に馬鹿らしく、その分、愉快なお見立て。杢兵衛お大
尽のうぬぼれ、喜瀬川花魁の狡猾、意外に純朴?な喜
助と、三人の個性が際立つ。

いやー、菊志ん師匠、このところ実に冴えてます。
7月下席、池袋の主任興行も、楽しみにしてますよ。
posted by JTm at 08:32| 落語 | 更新情報をチェックする