2018年07月04日

2018.7.3 歌舞伎鑑賞教室@国立大劇場

2018.7.3 第94回 歌舞伎鑑賞教室

演目
第一部   解説  歌舞伎のみかた
      解説=坂東新悟
      <実演> 山賊=坂東彌風、
       村の男=市川猿三郎、市川龍蔵、
           鎌田雅尋、本吉和樹
       鳴物、笛、ツケ担当のみなさん
       竹本樹太夫、鶴澤繁二
  (休   憩)
第二部   歌舞伎「日本振袖始-八岐大蛇と素戔嗚尊-」
      (近松門左衛門=作、戸部銀作=脚色)
       出雲国簸の川川上の場
      <配役>岩長姫実ハ八岐大蛇=中村時蔵、
       稲田姫=坂東新悟、素戔嗚尊=中村錦之助
       大蛇の分身=山崎咲十郎、片岡愛治郎、
           井田一誓、小森龍成、眞野貴臣 外
      <竹本連中>
       浄瑠璃=竹本葵太夫、竹本道太夫、竹本樹太夫、竹本拓太夫
       三味線=鶴澤寿治郎、豊澤長一郎、鶴澤繁二、鶴澤泰二郎
      <大薩摩連中>大薩摩=鳥羽屋三右衛門事東武線太夫
             三味線=杵屋五七郎

久々の鑑賞教室、解説は前回来た時と同じ新悟さん。
すっかり手慣れたようで。

舞台機構や鳴物、ツケなどの初歩的な紹介のあと、
今回の上演作品「日本振袖始」の解説を、映像で。

・・これ、新悟さんが、稲田姫役を務める準備のた
めなのだろうが、イラストを用いて、全段の物語を
見せるのは、分かりやすい。

第二部「日本振袖始(にほんふりそではじめ)」。

前半、浄瑠璃の語りがなかなか難しく、サッカー余
波の寝不足もあって、ちと眠い。岩長姫に化けた、
八岐大蛇が、酒壺を抱え込むようにして、大酒を吞
み、次第に正体を現していく・・酒に溺れてはダメ
ですよーという教訓か??(冗談です)

後半は、いよいよ本性を現した八岐大蛇と素戔嗚尊
との戦い。大蛇の八つの頭を、8人の人間が演じる
という工夫はすごい。ほとんど前衛的とも思えるの
だが・・・

もともと、人形浄瑠璃として演じられた作を、歌舞
伎に移したものと解説にあった。歌舞伎での初演も
人形浄瑠璃と同じ、享保3(1718)年。

この初演の時から、こういう演出だったのだろうか?

そして、人形ではいったい、どうやってこの大蛇を
表現するのか?・・・大阪の文楽公演で上演される
ようだが・・・うーん、行けるかな?
posted by JTm at 09:03| 芝居 | 更新情報をチェックする