2018年07月09日

2018.7.8 小辰の寸法@日本橋社会教育会館

2018.7.8 小辰の寸法 第5回

演目
入船亭小辰       (ご挨拶)
柳亭市坊        転失気
入船亭小辰       一目上り
  〃         棒鱈
  (仲 入 り)
入船亭小辰       心眼

朝、礼文島を発って、フェリー、飛行機、地下鉄と
乗り継いで人形町へ。物好きだねぇ、我ながら。
礼文11℃から、急に31℃の東京へ・・・そのため、
時々、気が遠くなる。

市坊「転失気」。後から小辰さんも言っていたが、
市馬師の口調そのままで、なるほど、師匠は偉大だ。
最後の最後で気を失ったので、唐突にオチが来たよ
うな・・・残念、かつ申し訳ない。

小辰の三席。
「一目上り」。二ッ目になってから演る機会が減っ
たとのことだったが、確かに久々・・2016年1月
以来だ。冒頭の八五郎とご隠居の馬鹿ッ話が、いい
雰囲気。

「棒鱈」。初演ではないらしいが、わたしはお初。
隣室の田舎侍が、なんだか可愛らしくて、江戸っ子
に馬鹿にされちゃうのが、気の毒になる。
・・都々逸は、もっともっと、お稽古してね。

「心眼」。こちらは初演のようだ。扇橋師匠が最後
に演じた噺・・・という印象が強く残っているので、
どうしても“映像”を重ねてしまう。

演者の年齢のためというのが大きいが、梅喜が若い
・・・でも、だからこそ逆に、「見えるようになり
たい」という望みの強さが引き立つ感があり、それ
はそれで結構かも?と、思う。

旅先から落語会に直行・・・こんなの、もう止めよ
う!と思うけど、でもたぶん、またやっちゃうだろ
うなぁ・・・。
posted by JTm at 09:21| 落語 | 更新情報をチェックする