2018年07月23日

2018.7.22 鈴本演芸場下席・夜の部

狂言会が終わったのが、午後4時20分。外へ出たら
日が傾いたって、暑さは相変わらず・・とても帰る
気になれず、涼みに寄席へ。

2018.7.22 鈴本演芸場下席・夜の部(主任・菊之丞)

演目
古今亭まめ菊      たらちね
古今亭ちよりん     真田小僧
翁家社中        (太神楽曲芸)
金原亭馬玉       ざる屋
古今亭菊志ん      蝦蟇の油
ホンキートンク     (漫才)
宝井琴調        (講談)小政の生い立ち
柳家さん喬       そば清
  (仲 入 り)
ぺぺ桜井        (ギター漫談)
古今亭志ん陽      熊の皮
林家正楽        (紙切り)
        線香花火、夏祭、屋形船、ウェディング
古今亭菊之丞      船徳
        (三味線:りち、あき、ふゆ)

まめ菊。お初です。菊之丞門下。「たらちね」。
ホント、最近の前座さんって、どうしてこんなに上
手いの?

ちよりん。秋に真打昇進、駒子を名乗るそうだ。前
席のたこ平さんもだったが、なんか、急激に上手く
なったという印象。真打昇進ってそういうものか。

馬玉「ざる屋」。先代馬生師から?続く“お家芸”・・
「金庫ごと持ってけ!」・・景気いいなぁ。

菊志ん。花緑師の代演。花緑師は、昼間福岡での仕
事で、飛んで帰って浅草の夜トリには間に合う予定
だったが、福岡の空港の落雷で、飛行機が飛ばなかっ
たそうで。

結局、浅草は志ん輔師が代バネだった模様。
鈴本の方は当初からの代演で、菊志ん「蝦蟇の油」。
後半の酔っ払いぶりが半端じゃない。

ホンキートンク。いつも通りのネタをいつも通り演っ
ている・・と思うのだが、ちゃんと笑えてしまうの
はとっても不思議。

琴調「小政の生い立ち」。喬太郎師が落語で演って
いるが、元の講談版は、聞いたことあったかな?
時間が短いので仕方ないかもしれないが、なんとな
く物足りない感じ。

さん喬「そば清」。定番中の定番だね。最短7分で
演ったのを聞いたけれど、この日はほぼ20分。まさ
に自由自在です。

志ん陽。文菊師の代演。「熊の皮」。こちらも定番。
熊の仕草が似合いすぎ。

正楽。屋形船のお題で、敢えて舟を半分だけにして、
舳先に立つ美人が、遠くの花火を眺める図。この構
図が、なんともお見事!

菊之丞「船徳」。終演後の募金(西日本の水害の)
のためだったか、やや急ぎ気味という印象。なぜか、
舟に乗るまでの部分の方が面白かった・・ま、たぶ
ん、わたしの体力が限界だったのだろう。

各寄席で、西日本水害の義援金募金を行うそうで、
出口に、菊之丞師、志ん陽師、ちよりんさん、まめ
菊さんが、募金箱持って待っていた・・ちょっとだ
け、寄付してきました。
posted by JTm at 16:58| 落語 | 更新情報をチェックする