2018年07月26日

2018.7.25 入船亭扇遊・扇好・扇辰 兄弟盃の会@国立演芸場

2018.7.25 入船亭扇遊・扇好・扇辰 兄弟盃の会

演目
入船亭小辰       金明竹
入船亭扇好       不動坊
入船亭扇遊       青菜
  (仲 入 り)
入船亭扇辰       藪入り
     (三味線:恩田えり、前座:柳家寿伴)

ひとり増えて三兄弟の会になった。

そして、開口一番に、小辰「金明竹」。以前はよく
聞いたが、ここのところご無沙汰だった。上方弁の
使いの男が、いかにも上方的“いらち”になっている。

扇好「不動坊」。扇好師匠のこの噺はお初かな?
全体的にさらっとした印象。口演時間も30分くらい
で、すっきりと。でも、物足りなさはない。

扇遊「青菜」。おやおや、本日二度目の。昼の菊志
ん師版と、ほぼ同じ運びだが、印象はかなり違う。
植木屋夫婦が、少し年配?・・ったく、いい年して、
なにやってるんだか。

扇辰。「(前かたの兄弟子ふたり)誰も師匠の噺を
演らない、おまけに小辰連れて、もう呑みに行っ
ちゃった」と、ちと、オカンムリのご様子。

でも、ご自分も扇橋師匠の噺ではない「藪入り」へ。
夏の藪入りで、冷やし汁粉なんてぇのが登場する。
美味しそうだ。

いつもながら、三年ぶりに息子を見て「大きくなっ
た・・」とつぶやくおっ母さんが良い。またまた、
ほろりとさせられちゃった。

終演後、外へ出たら、昨日までと違って、夜風が涼
しい・・このあたり、緑が多いから、いいよね。
posted by JTm at 14:51| 落語 | 更新情報をチェックする