2018年07月28日

2018.7.27 赤馬久@赤坂会館

2018.7.27 赤馬久 双蝶々・第二夜

演目
柳亭市松       牛ほめ
金原亭馬久      臆病源兵衛
  〃        双蝶々(二)定吉殺し
  (仲 入 り)
金原亭馬久      双蝶々(三)権九郎殺し
  〃        (踊り「かっぽれ」)
     (三味線:柳沢きょう、鳴物:柳亭市童)

開口一番に上がった前座さん、名前を確認するのを
忘れました、ごめんなさい。分かったら追記します。
(追記:市馬門下の見習い、市松さんとのこと。
ツィッターで呟いたら、馬久さんからお返事いただ
きました。どうもありがとう)

「牛ほめ」。与太郎が、お父っつぁんの“口移し”を
筆記するのではなく、ごにょごにょと口の中で繰り
返す方のかたち。この方が後半に意外性があるかも。
(追記:見習いと聞いてビックリ。上手いんだもの)

馬久。
「臆病源兵衛」。金原亭のお家芸みたいな噺。「こ
の夏、何度も演ります」と言っていたので、最近、
ネタ下ろししたのかな。固さが感じられて、聞く方
が緊張しちゃう・・夏の終わりまでにはものにして。

「双蝶々」。先月の終わりに、第一回目の「長屋」
を演ったそうで、その時は、お客さんが10人だった
とか・・・二回目は倍以上に増えた模様。

今回は、奉公に出された長吉が、表面、そつなく立
ち回りながらも、生れついての悪性は変わらず、つ
いには番頭の権九郎に正体を見破られて、利用され
そうになる。

そして、主家の金に手をつけ、それを見られた小僧
の定吉と、さらには権九郎までも手に掛けて、奥州
へ出奔するまでが、今回の口演。

後半の権九郎殺しは、三味線、ツケが入って、芝居
振りでたっぷりと。正直、所作はまだぎごちないけ
れど、目いっぱいの熱演は好感。

殺しの場の長吉の、あくまで冷めた目が、なんとも
ニヒルで、すごく“現代的”な悪を感じた。こちらは、
(失礼な言い方だが)意外なくらいの収穫だった。

そして「今日はふたりも人が死んだので」と、縁起
直しの「かっぽれ」を。馬生一門らしいなぁ。

大詰「雪の子別れ」は、8月2日開催。もちろん、
行きますよ。
posted by JTm at 09:38| 落語 | 更新情報をチェックする