2018年07月29日

2018.7.28 柳家三三独演会@赤坂区民センター

2018.7.28 柳家三三独演会

演目
立川志ら門       新聞記事
柳家三三        磯のあわび
  (仲 入 り)
柳家三三        鹿政談
  〃         質屋庫

台風の接近する中、意外にも濡れずに会場へ。
落語聞き決死隊、多数。

志ら門。お初です。名前から志らく門下なのは明らか。
もっとも、かわら版の名鑑には、桂文治門下から移籍
と出ていた。もうすぐ二ッ目昇進とか。

「新聞記事」。時間の関係かもしれないが、「体をか
わす」のタイを思い出す過程、なんか、端折りすぎな
んじゃない?と思ったり。

三三の三席。
「磯のあわび」。一年ぶりくらい。前回は三田落語会
で聞いたのだった。与太郎の表情の変化が、左龍師ば
りの“顔芸”で、可笑しいっちゃない。

だけど、これ、前座の噺と、“付く”んじゃない?

「鹿政談」。前の噺とは正反対、お奉行のキリっと締
まった厳しい表情が、とってもかっこいい。そして、
その表情が、サゲのひと言で、ふっと緩むのがまた結
構・・・惚れ直すね。

「質屋庫」。5月に池袋の会で聞いた。前回は、前段
に藤原時平の説明があったような気がするが・・違う
かな?

最後、化け物に怯える番頭と熊さんのふたりが、酒と
ご馳走を前にして、ブルブル震え、酒をこぼしたり、
刺身を顔に貼り付けたりするのがケッサク。

チケットが取りづらくなって、三三師の噺を聞く機会
が減っているけれど、聞いていて気持ちが良いのは、
やっぱりこの人!と、心から思いつつ、ドシャ降りに
なった雨の中、真っ直ぐ帰宅。
posted by JTm at 09:10| 落語 | 更新情報をチェックする