2018年08月06日

2018.8.5 小辰の寸法@日本橋社会教育会館

2018.8.5 小辰の寸法 第6回

演目
入船亭小辰      (ご挨拶)
春風亭きいち     看板の一
入船亭小辰      子別れ(通し)
  (仲 入 り)
入船亭小辰      船徳

向島からバス乗り継ぎで水天宮前。早めの夕食を摂って
会場へ・・あれ、まだ開いてないや。

きいち「看板の一」。前座らしからぬキレの良い噺・・・
いろんな意味で、一之輔師のお弟子らしい。
来年中には二ッ目昇進・・かな?

小辰の二席。
「子別れ」。どこで切るのかなと思いつつ聞いていたら、
ついに最後まで行っちゃった。ちょうど一時間。

この通し方は、権太楼師匠かな(出囃子が金毘羅だった
し)・・・でも、権太楼師にはない、独自の工夫も多く
見られたようで、この先、楽しみな一席だった。

欲を言えば、この日の暑さにはちと長い・・途中でしば
らく気を失ったような気が・・・。

「船徳」。初演とのこと。今月下旬の「三人集」連続口
演の初日にネタ出しされているが、その日だけ行けない
ので、ここで聞けたのは嬉しい限り。

出囃子が「岸の柳」だったので、馬石師からかな?
特徴的なのは、四万六千日の客のひとりが持っているの
が、傘じゃなく杖ってことだったが・・馬石師の船徳は、
5月に一度聞いているが、さて、どうだったか?

徳さんが、もう、徹底してちゃらんぽらんのダメダメ若
旦那で、カッコつけ屋で、ワガママ。こんな舟に乗って
しまったお客は、ホント、救われないねぇ。

都バスの一日乗車券を買っていたので、バスで帰宅。こ
の会場からバスで帰ったのは初めてだけど、意外にも、
電車より早い・・しかも、歩く距離が短い。
・・・なんか、クセになりそうな。
posted by JTm at 09:21| 落語 | 更新情報をチェックする