2018年08月12日

2018.8.11 音の会@国立小劇場

2018.8.11 第20回 音の会

演目
鳴物/義太夫「寿式三番叟」
    笛=田中傳三郎、立鼓=田中傳九郎、
    小鼓=田中傅吉、望月太喜十朗、
    大鼓=田中佐吉郎、太鼓=望月太左一郎
    蔭囃子=田中佐次郎、田中傳四郎
    浄瑠璃=竹本樹太夫、竹本拓太夫、竹本葵太夫(助演)
    三味線=鶴澤繁二、鶴澤卯太吉、鶴澤慎治(助演)
    配役 翁=中村吉兵衛、千歳=市川蔦之助、
       三番叟=市川新十郎
       後見=中村吉二郎、中村竹蝶、中村京純
  (休   憩)
長唄「矢の根」
    唄=鳥羽屋和樹、鳥羽屋長孝(助演)
    三味線=鳥羽屋里松、鳥羽屋三之助
長唄「俄獅子」
    唄=杵屋巳志郎、杵屋巳津二朗(助演)、杵屋佐陽助(助演)
    三味線=杵屋巳佐、杵屋長之介、杵屋浅吉(助演)
  (休   憩)
歌舞伎「傾城反魂香(けいせいはんごんこう)」一幕
  土佐将監閑居の場
    浄瑠璃=竹本樹太夫、竹本拓太夫
    三味線=鶴澤繁二、鶴澤卯太吉
    配役 浮世又兵衛=中村又之助、お徳=中村京蔵、
       土佐将監=澤村宇十郎、北の方=中村竹蝶、
       修理之助=中村吉二郎   外
    黒御簾 唄=鳥羽屋三之助、杵屋巳志郎 外
        三味線=杵屋長之介、鳥羽屋里松、鳥羽屋和樹 外
        鳴物=田中傳九郎、田中傳四郎、望月太喜十朗

毎年、惨敗を感じつつ、今年こそはとの思いで、音の会
三度目の参加である。

「寿式三番叟」。もともとは能の「翁」である。様々な
芸能に取り入れられており、見る機会も多い・・が、や
はり、難しい。例のごとく、途中で沈没した。

長唄「矢の根」。市川家十八番のひとつ。
長唄のなかで、特に「大薩摩」と呼ばれる分野がある。
調べたら、二代目團十郎のころに、荒事の伴奏として一
時代を築いた浄瑠璃だが、その後、長唄に吸収されたと
のこと。

「矢の根」は、二代目團十郎が初演した演目なので、そ
の伴奏音楽として大薩摩が使用されているのは当然か。
いかにも荒事にふさわしい、勇壮な曲である。

長唄「俄獅子」。江戸時代、吉原で8月に行われていた
「俄(にわか)」を題材にした曲だそうだ。

でも、わたしにとっては、それよりも、ふたりの噺家さ
んの出囃子としておなじみの曲。扇橋師⇒扇里師、そし
て左龍師。扇橋・扇里師のは、前半部分、左龍師のは、
最後の部分の、どちらも唄のない、三味線演奏のみの部
分だった。

今年は、実を言えば最後の「傾城反魂香」が見たかった。
「吃又(どもまた)」の通称で知られる義太夫狂言だ。
本公演では、しばらく出ていない。国立劇場では、2009
年に上演記録があるが、その後は鑑賞教室等で出ている
だけのようだ。

「反魂香」という落語があるが、この芝居の後半の物語
がそのネタ元なのだ。ところが、この部分は歌舞伎でも
文楽でも、今は上演されない。

もっとも、この前半部にも、絵に描いた虎が抜け出すと
いうくだりがあり、落語・抜け雀は、これのパロディな
んだろう・・落語とご縁のある芝居なのだ。

又兵衛が最後に、師から賜る名前は、土佐光起。これ、
実在の絵師です。江戸時代初期に活躍した土佐派の絵師。
昨年から、何度かその作品を見る機会があったので、そ
れもあって、「傾城反魂香」、見たかったのです。

とまぁ、今年もまた、音の会の感想としては非常にお粗
末なことを書き並べ・・・まことに申し訳ない。ご容赦
あれ。
posted by JTm at 15:12| 雑記 | 更新情報をチェックする