2018年08月31日

2018.8.30 馬石長講を聴く会@赤坂会館

2018.8.30 馬石長講を聴く会

演目
柳亭市松       牛ほめ
隅田川馬石      島抜け(『お富与三郎』より)
  (仲 入 り)
隅田川馬石      越後地蔵が鼻(『お富与三郎』より)

ここのところ、あちこちでこの「お富与三郎」の
連続口演をしている馬石師。行きたいと思いつつ、
なかなか機会がなく。

2013年に雲助師が演った口演では演じられなかっ
た場面を聞きたくて、大詰一個手前に初参加。

まずは開口一番、赤坂会館“専属前座”(笑)の市松さ
ん。噺は「牛ほめ」、三回目。

馬石『お富与三郎』より、「島抜け~越後地蔵が鼻」。

最初に10分ちょっと使って、前回までのあらすじ
を語ってくれたので、途中参加でも戸惑いはない。

前半「島抜け」は、捕らえられて佐渡へ島流しに
なった与三郎が、ふたりの仲間とともに島抜けを
図る・・2013年の雲助師の連続口演はここまで
だった。

後半からは初聞きの場面。土地の顔役に助けられ
て、江戸へ向かった与三郎たちが、高崎宿で役人
に見つかり、別々の道を逃げることに。

追われる与三郎が、道中で出会ったのは・・・?

記憶はややあいまいだが、島抜けの計画の部分は、
雲助師の方が丁寧に演っていたような。それでも、
嵐の夜に、断崖から海に身を投じる恐怖、身体を
しばりつけた丸太の筏が、大波に翻弄される様子、
等々、まさに息詰まる描写。

三人のうちひとりが波に浚われ、残ったふたりが
越後の土地の顔役に助けられるわけだが、この人
物が、なかなかの大物。

与三郎たちがお縄になったら、助けたこともバレ
て、自分も罪になるかもしれないのに・・と、少
し心配になった。

大詰で、なにか言及があるだろうか。

さて、与三郎と坊主松のふたり連れ・・こんなに
目立つ奴らはないだろう。身体中切り傷だらけの
与三郎と、大男で坊主頭の松。

高崎まで無事にたどり着いたのが、不思議なくら
い。そして、与三郎はここでもまだ、松に依存し
ている感じ・・どこまで行っても、結局、お坊ちゃ
んの若旦那なんだなぁ。

高崎で役人に追われて、松は捕らえられ、後に処
刑。別の道を逃れた与三郎が、川越宿(だったか
な?)の外れで、あの、因縁の相手にバッタリ・・

というところで、今回はおしまい。ホント、惜し
い切れ場だ。

次回、大詰は10月17日。もちろん、行きますよ。
posted by JTm at 10:00| 落語 | 更新情報をチェックする