2018年09月09日

2018.9.8 扇辰・喬太郎の会@国立演芸場

2018.9.8 第73回 扇辰・喬太郎の会

他と重なって、2回ほど抜けた。久々の参加。

演目
柳家寿伴       金明竹
入船亭扇辰      田能久
柳家喬太郎      品川心中(上)
  (仲 入 り)
柳家喬太郎      親子酒
入船亭扇辰      江戸の夢(宇野信夫・作)
         (三味線:恩田えり)

寿伴「金明竹」。ちょっと端折りながらも、“骨皮”
からの通しで。後半の言い立て部分がメインになり
がちだが、この前半部分、わたしは好きである。

扇辰「田能久」。いつもよりちょっと急ぎ気味で。
あとの噺に、気が行ってる?

喬太郎「品川心中」。マクラが長くて、なかなか本
篇に入らなかったのは、やっぱり、後半に気が行っ
ている?

喬太郎師のこの噺は、たぶんお初だが、外連味なし
の“まともな”古典で、わたしには嬉しい。

仲入り後の二席が、今回のネタ下ろし。

喬太郎「親子酒」。柳家の代表的とも言える噺で、
え、今まで演ってなかったの?というくらい。

とは言え、さすがに喬太郎師、“お手本通り”には進
まない。冒頭の、親旦那と女房の会話に、かなりい
ろいろ盛り込んで、笑いどころを倍増。

扇辰「江戸の夢」。知らない噺だと思って聞き始め
たが、途中で、あとの展開が読めてしまって・・あ
れ、どこかで聞いたぞ・・と。

ただ、過去の記録には登場せず・・題名を知らずに
聞いていたか、ナマではなく音源で聞いたか・・?

宇野信夫氏が、新作歌舞伎の台本として書き、のち
に自ら落語に改訂した、とのこと。

鞠子宿近くの庄屋の家に、風来坊の藤七が婿入り。
素性は不明ながら、人柄の良さで、庄屋夫婦や村の
者たちの評判も良い。

この婿が、ある時、茶の木を育て始め、江戸見物に
行く庄屋夫婦に、自分の作った茶の葉を託す。
浅草にある大きな葉茶屋に、この「目利き」をして
貰ってくれと。

その願い通り、店を訪れた庄屋夫婦が聞いた話は・・?

もともと舞台のために書かれたというだけあって、
聞きながら、その場面が無理なく目に浮かぶ。じっ
くりと、良質なドラマを楽しませていただきました。
posted by JTm at 11:13| 落語 | 更新情報をチェックする