2018年09月13日

2018.9.12 三春会@日本橋社会教育会館

2018.9.12 第一回 三春会

演目
春風亭一猿        松竹梅
春風亭三朝        猿後家
春風亭柳朝        唖の釣り
  (仲 入 り)
春風亭一之輔       化物使い
春風亭一朝        紺屋高尾
          (三味線:金山はる)

高座返しのきいちさんを含め、出てくる噺家さんは
全員か「春」、そしてお囃子もはる師匠だから・・
三どころか七春会。

一猿「松竹梅」。二度目かな?・・そそっかしい梅
さんが、自分の名前を言うべきところで「長者に~」
と言ってしまうのは、あまり聞かないような。

三朝「猿後家」。あまり好きな噺じゃないのだが、
三朝師のちょっと高めの声質には、よく似合う噺か
もしれない。後家さんが後家さんっぽい。

柳朝「唖の釣り」。これもまた、あまり好きな噺で
はなく、続いてしまってちと残念。
この噺の与太郎は、本当に馬鹿なのか、実は利口で
馬鹿のふりをしているのか・・・何度聞いてもよく
分からない。

ところで、最近、鯉は外来魚ということになってい
るらしいが、いつ頃、日本に来たのかな?

一之輔「化物使い」。ご隠居が、次々あらわれる化
物たちに拳を振り上げるところを見ると、文蔵師の
型かな?

ただ、その正体が仔狸ってのは、珍しいように思う。
大体、この家に古くから住む大狸・・ってするよう
だから。そして、この仔狸くん、可愛い・・。

一朝「紺屋高尾」。先月のお江戸日本橋亭の会に続
き。あとから知ったが、あの時が、真打昇進のお披
露目以来の口演だったとか。

そう言えば、先日の亀蔵丈とのトークで、「若いこ
ろに覚えた噺は、ずっと演ってなくても、ちょっと
稽古するとちゃんと思い出す」と。

前回は、ちょっと口ごもる場面も無きにしも非ずだっ
たけれど、今回はそんなこともなく。

こんなに明るい紺屋高尾、他に演る人いなさそうだ
し、ぜひ、続けて演って欲しいもの。

さて、この三春会(みはるかい、と読むらしい)、
続けての開催は、あるのかないのか・・あるといい
なという期待をこめて、敢えて「第一回」と記して
おきます。
posted by JTm at 16:35| 落語 | 更新情報をチェックする