2018年09月17日

2018.9.15 特別企画公演 天の岩戸開きの芸能@国立文楽劇場

2018.9.15 特別企画公演 天の岩戸開きの芸能・第一部

演目
新作落語「天の岩戸」(小佐田定雄=作)
    桂 九雀
京舞「倭文(やまとぶみ)」
    踊り=井上八千代
    地方=小ます、だん佑、小桃、ます穂
    囃子方 笛=斗美千代、小鼓=まめ鶴、
       大鼓=小萬、太鼓=里美
  (休   憩)
銀鏡神楽(しろみかぐら)
  「伊勢神楽」
  「手力男命(たぢからおのみこと)」
  「戸破明神(とがくしみょうじん)」 
    銀鏡神楽保存会(宮崎県西都市)
  (休   憩)
半能「絵馬」(観世流)
   シテ(天照大神)=大槻文藏、ツレ(天鈿女命)=武富康之、
   ツレ(手力雄命)=大槻裕一、ワキ(勅使)=福王茂十郎、
   ワキツレ(従者)=福王和幸、是川正彦
   囃子方 笛=竹市 学、小鼓=成田達志、
       大鼓=山本哲也、太鼓=中田弘美
   後見=赤松禎友、上野雄三
   地謡=寺澤拓海、寺澤幸祐、上野雄介、齊藤信隆、
      上野朝彦、上野朝義、齊藤信輔、山本博通

日本神話の天照大神の物語、天の岩戸。古くから様々な
芸能に取り入れられてきたそれを、“集大成”する公演。

落語「天の岩戸」。この伝説は古典落語にもあるそうだ
が(知らなかった!)、 今回は敢えて新作落語で・・
というのは、要するに物語を知らない人のために、簡単
に紹介しようという試みだったようだ。

吞んで帰って、女房に締め出された男に、物識りの甚兵
衛さんが“講釈”。ついでに、今回上演される演目の解説
も兼ねていたらしいが・・うー・・・早起きが祟って
(朝6:26東京発の新幹線に乗った)、あえなく沈没。

京舞「倭文」。まったく縁なき衆生だが、京舞というの
は、上方舞のうち京都で発達した二流派を指すそうだ。
井上流はそのひとつで、現家元、五世井上八千代師は、
人間国宝。

「倭文」とは、日本書紀のことだそうで、そのうちから、
天の岩戸の物語を舞踊にした、おめでたい演目。毎年、
年の初めに、京都・祇園で演じられるとのこと。

三番叟の鈴の段に用いられる鈴を持っての舞など、古く
から伝わる様々な芸能を取り入れているようだ。
なお、地方を務めるのは、祇園の芸妓さんたちだそうだ。

銀鏡神楽。神話の里・宮崎の米良地方に伝わる神楽で、
毎年、12月12~16日に演じられるそうだ。全部で33番
あるうちから、今回は天の岩戸伝説に密接な三番を。
(なお、この日の第二部には銀鏡神楽のみが上演されたが、未見)

神楽を拝見する機会は、今までにも何度かあったが、お
そらく、どこの神楽にも、この物語はあるに違いない。

ちょっと面白かったのは、舞台下手に畳んで立てられた
屏風を、岩戸に見立てているというところ。天照大神が
登場すると、この屏風が開かれて、中の絵が見える・・
天鈿女が楽し気に舞い、多くの神々がこれを嬉しそうに
見ている絵が描かれていた。

半能「絵馬」。半能というのは、前シテの部分を省略し
て、後半の後シテの場面だけを演じたから・・らしい。

前半では、題名になっている絵馬に関するエピソードが
出てくるらしいが、今回はその部分は省略なので、絵馬
という題とのつながりが分かりにくい。

天照大神が、手力雄と天鈿女を従えて登場し、天の岩戸
隠れを再現して見せる・・

これ、あくまで再現ってところが面白い。昔、こんなこ
とがあったんだよー・・と、神様たちも懐かしがってい
るんだね。

もう少し、きちんと予習して行けば、もっと楽しめたか
もしれない。少々、浅はかだったと反省しつつ、終演。 

posted by JTm at 14:53| 雑記 | 更新情報をチェックする