2018年09月30日

2018.9.29 露の新治落語会@深川江戸資料館

2018.9.29 露の新治落語会

新治師が力を入れている、東北の3.11被災地支援のための
落語会。主催のNPO法人「東北笑生会」の代表、増子隆
さんは、新治師の高校の同級生だそうだ。

演目
桂 紋四郎       延陽伯
露の新治        阿弥陀池
めおと楽団ジキジキ   (音曲漫才)
露の新治        まめだ
  (仲 入 り)
座談会「東北笑生会の活動」
      増子隆、新治、ジキジキ
柳家さん喬       (飛び入りご挨拶)
露の新治        宿屋仇
       (三味線:田村かよ、鳴物:紋四郎)

紋四郎。桂春蝶門下、東京で活動中とのこと。
「延陽伯」。東京ではたらちねである。昼間の小はださん
に続いて、本日二度目。

調べたら、大阪の方がずーっと長い噺のようだ。言い立て
も、ちょっと違っているし。でも、今回は新妻の名を覚え
ようとするところまで、ほんの10分ほど。

新治「阿弥陀池」。こちらは東京では新聞記事となる噺。
ほら話の舞台が、天ぷら屋じゃなくて米屋。そして、よう
やく話を終えて見れば、「殺されたのは女房の弟や!」と
いう騒ぎに。

・・・これ、どう考えても、上方版の方が面白い。

めおと楽団ジキジキ。新治師とともに、東北に笑いを届け
る活動をしておられるとのこと。東京の寄席より前に、天
満天神繁昌亭に出ておられたとは知りませんでした。

新治「まめだ」。2014年に一度、新治師の口演を聞いて
いる。演芸作家・三田純市氏が、米朝師匠のために書いた
・・というのは、その時に調べた。

小さないたずらから、命を落としてしまう仔狸(まめだ)
が哀れ。心ならずもその原因となってしまう、三階役者も
気の毒になる。ラスト、まめだの墓にはらはらと舞い落ち
るイチョウの落ち葉が目に見えるようで、目の前が一瞬、
黄色く染まった。

仲入り後は、「笑生会(しょうしょうかい)」の活動報告
を、座談形式で。「何をして欲しいですか?」という質問
に、「また笑わせに来てください」と言われたのが、何よ
り嬉しい・・という話に、思わずホロリ。

ここで、新治師と親交の深い、さん喬師匠が飛び入りの挨
拶に。この日は、お弟子のさん若改め小平太師の披露目だ
が、時間的に見て、口上を終えてすぐ、来てくださったよ
うだ。地元在住のさん喬師匠登場に、拍手!!

新治「宿屋仇」。東京では宿屋の仇討。新治師で聞くのは
三度目。

これもやはり、上方版に分があるかなぁ・・始終三人組の
馬鹿騒ぎに、鳴物が入るのがなんとも嬉しい。厳格なはず
の隣室の侍が、つい浮かれて、持った筆を三味線に合わせ
て踊らしちゃうのが愉快だ。

こういうの、狂言にもよくあるなー・・「末広がり」とか
「蝸牛」とか・・他にもいろいろ。

久々の落語会ハシゴで楽しい一日だったが、なぜか突然の
膝の痛みで、思いがけずタクシーで帰宅する破目に・・・
いやー、参ったなぁ!
posted by JTm at 09:13| 落語 | 更新情報をチェックする