2018年10月14日

2018.10.13 国立能楽堂普及公演

2018.10.13 国立能楽堂普及公演

演目
解説・能楽あんない
  「琵琶のロマン-楽器と秘曲を巡って-」
    三浦裕子(武蔵野大学・日本文学)
狂言「木六駄」(和泉流)
    シテ(太郎冠者)=三宅右近、アド(主)=三宅右矩、
    小アド(茶屋)=野村万作、(伯父)=髙澤祐介
  (休   憩)
能「絃上(けんじょう)」(金剛流)
    シテ(前・老人、後・村上天皇)=豊嶋三千春、
    ツレ(藤原師長)=金剛龍謹、(姥)=豊嶋晃嗣、
      (龍神)=豊嶋幸洋、
    ワキ(師長の従者)=福王知登、
    ワキツレ(師長の従者)=喜多雅人、中村宜成、
    アイ(龍王の眷属)=三宅近成
    囃子方 笛=一噌幸弘、小鼓=幸 正昭、
        大鼓=河村 大、太鼓=前川光長
    後見=松野恭憲、廣田幸稔
    地謡=遠藤勝實、坂本立津朗、本吉正巳、宇高竜成、
       田中敏文、宇高通成、見越文夫、宇高徳成

三浦先生の解説は、いつもとても分かりやすいのだが、
あいにくの寝不足で、途中から意識を失った。

事前に配付されたレジュメによれば、いにしえ、琵琶
の名器に、「青山」「絃上」「獅子丸」があり、その
うちの、獅子丸は龍神に献上され、絃上は村上天皇が
所有していた。

能「絃上」には、村上天皇が登場するものの、琵琶は、
龍神が持って出る獅子丸が出るのみ・・なのになぜ、
題名が「絃上」なのか?・・の解明をした・・らしい。

狂言「木六駄」。大雪の中、12頭の牛をひとりで追っ
て、峠越えをする太郎冠者。途中の茶屋で温まろうと
思うが、あいにくと酒がなく・・・。

お遣いものの酒に手をつけてしまうのは、狂言の常道。
それにしても、六駄の薪を、一駄は茶屋に進呈し、残
りの五駄は、「春の小遣いにするから売っておいてく
れ」とは!・・・もう立派な横領罪。

前かたからの眠気を引きずって、見せ場の“鶉舞”を見
損ねたのは残念至極。

休憩でなんとか蘇生して、後半は眠気もなく。

能「絃上」。琵琶の名手・藤原師長(もろなが)は、
さらにその奥義を極めるために、唐へ渡ろうとしてい
るが、出発前に須磨の浦に立ち寄る。

そこで、とある老夫婦に一夜の宿を借り、求められる
ままに琵琶を弾く。

よく分からないのだが、琵琶の音色は、雨や水に結び
付くものなのだろうか?

名手・師長が琵琶を弾くと、月が出ていたはずの須磨
の浦に、雨が降り始める。と、主人夫婦が突然に、板
屋根に苫(スゲやチガヤで編んだゴザのようなもの)
を掛ける。

なぜ?と尋ねる師長の従者に、「板に当たる雨音は、
琵琶の音調と合わないから、苫を掛けて琵琶と同じ音
調にしたのです」と。

コイツ、ただものではない・・・

実は、老人は村上天皇(この方も琵琶の名手だったら
しい)の霊で、師長に、わざわざ唐になんか行くこと
はないと伝えに来たという。

後半、天皇は、龍神を呼び出して、かつて贈った獅子
丸という琵琶を返してもらい、これを改めて師長に与
える。

龍神を呼び出すところからの“早笛”、名器・獅子丸の
音色に乗って天皇の舞う“早舞”と、スピードと緊張感
に満ちた囃子が素晴らしい。

なんだか、もう、陶然とした気分のうちに終演となる。
posted by JTm at 07:56| | 更新情報をチェックする