2018年10月15日

2018.10.14 柳家甚語楼の会@お江戸日本橋亭

2018.10.14 第18回 柳家甚語楼の会

演目
柳亭市若      出来心(上)
柳家甚語楼     高砂や
柳家ほたる     居酒屋
柳家甚語楼     茶金
  (仲 入 り)
柳家甚語楼     笠碁

初めての昼開催だそうだが、入りは上々で、並んで
いる時も、「昼はいいねぇ」という会話がチラチラ。
・・年配のグループのお客さんが多くて、終演後に
食事しよう、という会話があったりするからね。

市若「出来心」。前半の間抜け泥の部分。前日に放
送されたTVドラマで、主人公が演じていたのを思
い出す・・・大丈夫、負けてないから。

甚語楼「高砂や」。八五郎が婚礼の席で、「目八分
だから鴨居のあたり、目九分なら天井・・目十二分
ならひっくり返っちゃう・・」まで、説明するのは
初めて聞いたなぁ。

ほたる「居酒屋」。6月の終わりの一門会で聞いた
ので二度目。酔っぱらいの演技、良くなったかも。
小僧さんは、あいかわらず可愛い。

甚語楼のあと二席。
「茶金」。主人公の油屋さんが、茶金さんの店に、
茶碗を持ち込むあたりから、急激に眠くなり、その
後の茶碗の“出世”の部分を、ほとんど聞き逃した。
残念、かつ申し訳ない。

ただ、この噺はやっぱり上方のものだなぁ・・江戸っ
子が、あそこまで金儲けにこだわるだろうか?

「笠碁」。権太楼師匠の笠碁とは、ちょっと印象が
違うが、“笑い優先”の姿勢は同じ。

家で待ってる方の“ワガママ”老人が、イライラを募
らせて、奉公人や家族ばかりでなく、お天気にまで
文句を言っている様子が、なんとも傑作だった。
posted by JTm at 08:20| 落語 | 更新情報をチェックする