2018年10月17日

2018.10.16 小満ん夜会@日本橋社会教育会館

2018.10.16 小満ん夜会

演目
春風亭一猿      雑俳
柳家小満ん      首ったけ
入船亭扇遊      木乃伊取り
  (仲 入 り)
柳家小満ん      死神
       (三味線:田中ふゆ)

一猿「雑俳」。一猿さんのこの噺は9月の一朝会でも
聞いているが、その時と少し内容が違っていたのでは
ないかな?・・って、記憶定かではないけれど。でも
イタチが天になるサゲは演ってなかったと思うな。

小満ん「首ったけ」。これ、どうしても納得のいかな
い噺。・・いくら振られた相手だって、首まで水に漬
かっちゃって、しかも火事が迫ってるって時に、助け
ないなんて絶対おかしい!

演者が小満ん師匠でも、やっぱり納得は出来ない。

扇遊「木乃伊取り」。真面目でカタブツすぎる清蔵が、
酒の酔いと美女のもてなしで、どんどん“柔らかく”なっ
て行く様子が、抜群に愉快。

二日前にぎっくり腰をやってしまったと言う扇遊師匠
だったが、終わってみたら口演時間は40分!長さを
感じさせない好演だったが、腰、大丈夫ですか?

小満ん「死神」。小満ん師匠の死神はお初。
冒頭から、暗さを感じさせない、さっぱりした明るい
印象の死神で、文無し男を救うのも、なんだか軽いお
遊びみたい。

対する男も、ごくごく軽いノリで、病人の布団をぐるっ
と回しちゃうのも、半分、冗談みたい。

最後、ろうそくの場面は、ちょっとだけ不気味さがた
だよったけれど、火を移すところからは、また明るく。
最後、いったん消えた火が、大逆転でまた灯ったよう
だったが・・・さて、男の運命やいかに?
posted by JTm at 10:28| 落語 | 更新情報をチェックする