2018年10月28日

2018.10.27 三田落語会@文化放送メディアプラスホール

2018.10.27 三田落語会 昼席・夜席

昼席演目
金原亭乃ゝ香     子ほめ
入船亭扇遊      引越しの夢
柳家さん喬      掛取万歳
  (仲 入 り)
柳家さん喬      時そば
入船亭扇遊      たちきり
        (三味線:太田その)

夜席演目
金原亭乃ゝ香     元犬
柳家権太楼      うどんや
春風亭一朝      紺屋高尾
  (仲 入 り)
春風亭一朝      祇園祭
柳家権太楼      試し酒
        (三味線:柳沢きょう)

会場を変えて復活した三田落語会、チケット発売日に
旅行中で買いそびれたが、直前になって知り合いから
お譲りいただく・・・落語の神様の思し召しです。

プログラムに前座さんの名がひとりしかかかれていな
かったが、太鼓はたぶんふたりだったので、誰か見習
いさんでも来ていたのかな?・・もしくは、スタッフ
に、太鼓を叩ける人がいるとか(笑)

乃ゝ香「子ほめ」(昼)、「元犬」(夜)。申し訳な
いが、一日に二度は・・・あまり聞きたくない。髪が
伸びて後ろでまとめられるようになって、上下を振る
たびに顔にかからなくなったのは、見ていて安心した
けれど。

昼席。
扇遊「引越しの夢」。口入屋でのワイワイガヤガヤか
ら、丁寧に。美人の女中さん相手に、「わたしが番頭
だから」と繰り返す番頭さん・・いかにも好色そうな
んだけど・・いや、扇遊師匠がそうとは言ってません。

この噺、そう言えばしばらく聞いてなかった。まさか、
#MeTooの影響ではないだろうけれど。

さん喬の二席。
「掛取万歳」。まだ10月というのに、もはや暮れの噺
に遭遇。もっとも、この会、次回は1月だそうだから、
演るなら、今でしょ!ではある。

狂歌、義太夫、芝居に喧嘩、そして三河万歳というフ
ルコース。その師匠の三味線の間合いもピタッ!と合っ
て、なんとも心地よく聞く。

これからの季節、掛取万歳のみならず、掛取美智也や
掛取寅さんも含めて、遭遇率が高くなりそうな噺・・
今季初遭遇が、今季最高の掛取になるかも?

「時そば」。最初の客の誉め言葉がまったく逆目になっ
て行く可笑しさもさることながら、そばをたぐるさん
喬師匠の、仕草の美しさに魅せられた。美味いそばは
より美味そうに、不味いそばはより不味そうに。

扇遊「たちきり」。一席目で好色な番頭を演じた師匠
が、今度は純情な若旦那を演じる・・落語って奥深い。

若旦那と小ひさの悲恋、ほんの少しのボタンの掛け違
いなんだよね・・ま、その時代、ボタンは無かったか
もしれないが。

「手紙が百日続いたら・・」という番頭のセリフを聞
くと、いつもながら悔しさが募る。あの世からでも、
三味線を鳴らさずにはいられなかった、小ひさの気持
ち、よく分かります。

その師匠の三味線は、プツンと切るのではなく、静か
にフェードアウトして行く。死すとも未練を断ち切れ
ない、切ない女心を感じさせる。

夜席。
権太楼「うどんや」。確か2012年に初演と聞いた記
憶がある。その直後から何度か聞いているはずだが、
聞くたびに、感動が深まるような。

小さなころから可愛がっていた女の子が、ちょっと見
ないうちに、きれいな娘になってその婚礼に招かれて
・・という、酔っ払いの嬉しさに素直に同調。思わず
ハンカチを取り出すことに。

大いに泣かせて大いに笑わせる、権太楼流人情噺。

一朝の二席。
「紺屋高尾」。8月から毎月1度ずつ遭遇して三回目。
全体の、カラッと明るい調子は、もう、一朝師匠の真
骨頂。

8月の会の時が蔵出しだったそうだが、その後、寄席
のトリなどでも掛けているようで、ぐっと進化して聞
きごたえのある噺になっていた。

「祇園祭」。これぞ、ザ・一朝!という噺で、演目を
聞くだけでも嬉しくなる。今回は、三人連れの江戸っ
子が、粟田口から京に入る場面からたっぷりと。

一個所、残念な言い違いがあったが、後半の祭囃子合
戦の楽しさで、そんなものは吹き飛ばした。

権太楼「試し酒」。紺屋高尾の主人公と同じ名の久蔵
さんが再び登場したが、もちろん別人(笑)

大盃で酒を呑む、その盃の傾け方がなんとも絶妙・・
酒がすーっと通って行く、その喉の動きまで見えて来
そうな気がした。


以前の会場と違って、縦にではなく横に広がる客席。
床面はフラットなので、後方からだと高座が見えにく
そうな感じ。そして、建物のセキュリティの厳しさに
は、正直、閉口するけれど・・・顔付けによっては、
また行っちゃいそうだな、三田落語会。
posted by JTm at 10:27| 落語 | 更新情報をチェックする