2018年11月05日

2018.11.4 小辰の寸法@日本橋社会教育会館

2018.11.4 小辰の寸法 第9回

演目
入船亭小辰       (ご挨拶)
春風亭与いち      元犬
入船亭小辰       道灌
  〃         不動坊
  (仲 入 り)
入船亭小辰       火事息子

勝手に、入船亭兄弟会。

開場待ちに、小辰さん出演のNHK新人落語大賞の中
継を、ご常連のワンセグで見せて貰う。ちょうど、小
辰さんと大賞獲得の桂三度さんを見ました。

小辰ファンとしては、言いたいことはいろいろあるけ
れど・・・ご本人はもっと!のようで。

恒例の冒頭のご挨拶も、各噺のマクラも、ほとんどそ
の話。というわけで、終演後の貼り出しには「敗者の
弁」と・・エムズさん、そりゃあんまりぢゃわいのぅ。

与いち「元犬」。与いちさん三度目の遭遇。この元犬、
誰のだっけなー・・・確かに聞き覚えはあるのに、思
い出せないもどかしさ。

小辰の三席。
「道灌」。前に小町をつけて、道灌まで通す。前座の
ころからの道灌だけど、小町のくだりを聞くのはたぶ
ん初めてだ。また演ってね、面白いから。

「不動坊」。もう手に入った噺だと思うが、ご本人、
納得がいかない部分もあるのかな?それとも、近くど
こかでネタ出ししてるとか?

面白いんだけど、長いんだよね・・・マクラ(さほど
長くはなかった)込みで50分。

もう少しコンパクトにならないものか?

仲入り休憩が終わった時点ですでにほとんど9時。も
うトリネタは、小噺でいいよ・・って思っていたら、
なんと「火事息子」へ。

でもこちらは、意外にすっきりした形に整理されてい
た。口演時間30分ちょっと。

火事場が近い緊迫感の中にも、クスッと笑えるくすぐ
り、父母と息子の心の通い合いに、ちょっとほろっと
させられて、気持ちよく終演に。

でも、終バスには間に合わなかったなぁ。足が治って
てよかった。
posted by JTm at 13:58| 落語 | 更新情報をチェックする